うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

「味どころ 撰」その73

久しぶりに高松市木太町の「味どころ 撰」に行ってきました。

f:id:menkui375:20200627182841j:plain

いつものように大将におまかせしました。

付き出し (1人前の写真です)

f:id:menkui375:20200627183255j:plain

何気ない酢の物ですが、酢の加減、炙った揚げや鱧など、本物の味です。

すり身の団子(2人前の写真です)

 

f:id:menkui375:20200627183309j:plain

観音寺の魚のすり身を使って、揚げたものです。とうもろこしなどを加えて、大将の味に仕上げてあります。ホクホクと実に旨い。

とうもろこしのすり流し(1人前の写真です)

 

f:id:menkui375:20200627184103j:plain

大将の故郷の女木島のとうもろこしを使っています。これがまた絶妙の味わい。

甘くて実に甘露。

津田で揚がったしらすのサラダ(2人前の写真です)

 

f:id:menkui375:20200627184327j:plain

しらすの塩味とオリーブオイルで十二分に旨いです。東かがわ産のレタスもしっかりした味わいで旨かったですよ。

オコゼの刺身(2人前の写真です)

 

f:id:menkui375:20200627185255j:plain

f:id:menkui375:20200627185311j:plain

これは大ぶりのいいのオコゼです。身の弾力だけでなく、何ともいえない身の旨味、甘みが堪能できます。

時しらずの塩焼(1人前の写真です)

 

f:id:menkui375:20200627190702j:plain

大将お気に入りの炭火焼です。中はふっくら、皮目はパリッと仕上がっています。

塩焼は炭火に限りますね。付け合わせの胡瓜のビール漬けも旨い。

アコウの煮付(1人前の写真です)

 

f:id:menkui375:20200627192152j:plain

これまた大ぶりのアコウの、それも一番旨いところを出して頂きました。

アコウならではの繊細で上品な身の味が楽しめます。歯応えも良かったですよ。

天ぷら(1人前の写真です)

 

f:id:menkui375:20200627194543j:plain

まずは地元産の夏野菜。ピーマンのジューシーさ、ズッキーニの旨味に驚きました。

左の赤オクラの天ぷらによく合います。

香川県の野菜の旨さを再認識しました。

f:id:menkui375:20200627194903j:plain

続いて今が美味しいキス。そして地元産の甘長唐辛子。美味しい天ぷらでお腹は満腹です。

オコゼの味噌汁(1人前の写真です)

 

f:id:menkui375:20200627195910j:plain

何と基本となる出汁はアコウと鱧から取られたとのこと。

これにオコゼが加わって、旨いに決まってますよね。

真竹出汁の素麺(1人前の写真です)

 

f:id:menkui375:20200627201057j:plain

僕の大好物です。真竹からどうして?というくらい旨い出汁が出ます。もちろん大将の腕があってのことなんですが。夏に欠かせない一品です。

果物(1人前の写真です)

 

f:id:menkui375:20200627201811j:plain

美味しい料理の連続で超満腹になりました。

コロナ禍でしばらく行けてなかったんですが、久しぶりに本物の味を堪能できました。

ご馳走様でした。


味どころ 撰