うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

「味どころ 撰」その67

高松市木太町の「味どころ 撰」に行ってきました。

f:id:menkui375:20190501182349j:plain

実は3月に大将がケガをされて、1か月以上休業されていました。

4月下旬に営業を再開されました。ほっとしました。

多くの常連の方も安心されたことと思います。

いつも通り「おまかせ」をお願いしました。

付き出し(1人前の写真です)

f:id:menkui375:20190501182600j:plain

香川の地野菜のサラダ(2人前の写真です)

f:id:menkui375:20190501183704j:plain

香川の野菜の実力は凄いものがあります。おまけに大将が特に気に入った生産者の野菜を選んでいるのですから、マズいわけがありません。何もつけなくても野菜本来の甘みだけで楽しめます。

オコゼの造り(2人前の写真です)

f:id:menkui375:20190501184143j:plain

香川を代表する魚「オコゼ」。

見た目は悪いですが、味は最高です。大将の素早い包丁さばきも見事。

カツオのタタキ(2人前の写真です)

f:id:menkui375:20190501185438j:plain

高知産のカツオですが、実にいいカツオを仕入れられています。

ふんわりした食感で、味が濃く、実に美味。炙り具合もいいですね。

メバル煮付(1人前の写真です)

f:id:menkui375:20190501190542j:plain

こちらで頂くメバルはいつも本当に旨い!大将のメバルの目利きは素晴らしい!

もちろんメバルの旨さをいかした調理法あってのことですが。

鰆味噌漬け(1人前の写真です)

f:id:menkui375:20190501192808j:plain

この春、香川では豊漁の鰆。春の鰆であってもじんわり脂がのっています。

味噌の漬け加減もいいですね。プロの仕事です。

こしあぶら、筍、スナップえんどうの天ぷら(1人前の写真です)

f:id:menkui375:20190501194528j:plain

大将お気に入りの幻の山菜「こしあぶら」は少し苦味があって、

これがクセになる旨さ。

さぬきのめざめ、ハリイカ、タイラギの塩炒め(2人前の写真です)

f:id:menkui375:20190501195207j:plain

香川の誇る地野菜「さぬきのめざめ」。僕も大好きです。

大将お手製の米油で炒めます。

オコゼの味噌汁(1人前の写真です)

f:id:menkui375:20190501201918j:plain

オコゼは実に上品で旨い出汁を出してくれます。

筍御飯(1人前の写真です)

f:id:menkui375:20190501202052j:plain

実は香川県の筍は旨いんですよ。

果物(1人前の写真です)

f:id:menkui375:20190501202800j:plain

なせか撰で出されるリンゴは旨い。春日水神市場で買われているようですが、

春日水神市場のリンゴは確かに旨いです。

ケガから復帰されて1週間ほどですが、大将の包丁さばき、素早く、リズミカルな調理は以前と変わりません。

またこの日は東京から2組のお客さんが来店されていて、このお店の知名度もますます

上がってきています。今後も忙しくなりそうです。

とはいっても、いつまでも若くはないのですから、くれぐれも体を気遣い、無理のないようにして頂きたいと思います。

ご馳走様でした。

ランチメニューの映像がありました。


味どころ 撰

 


味どころ 撰