うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

JBL SE400S 帰還

先週日曜日にトラブルが発生したJBL SE400S。

早速月曜の夜に熊本県の「エイブルhttp://eiburu.kataranna.com/

に発送しました。

エイブルには水曜日に着いたはずですが、

何と昨日金曜日に電話があり、修理が完了したとのこと。

仕事が早い!こちらは良心的価格で、仕事が早いことで

定評がありますが、それにしても早い。

今日、無事帰還しました。

f:id:menkui375:20190323225955j:plain

f:id:menkui375:20190323204811j:plain

f:id:menkui375:20190323204823j:plain

左chのパワートランジスタがやられていたようです。

もちろん、オリジナルと同じものはないので、オリジナルと同じモトローラ社の

別のトランジスタに換装してもらいました。その他にも、容量抜けのコンデンサー交換、クリーニングなどをして頂きました。

修理総額は3万円余りと良心的です。

早速、接続しました。まだエージング段階ですが、骨格のしっかりした、芯のあるサウンドです。JBLのアンプはSG520,SA600,SA660とすべてこちらでお世話になっています。本当にありがたいです。

うる餅 ・むしぱん / 朝霧堂

行きつけの和菓子店「朝霧堂」で「うる餅」を買いました。

よもぎ餅です。

f:id:menkui375:20190317211212j:plain

f:id:menkui375:20190317211131j:plain

これまた旨い!少し塩味が効いています。

そして何よりもよもぎの風味が効いています。

スーパーで売っているようなよもぎの風味とは別物です。

子供のころ食べたよもぎ餅の記憶が蘇ります。

よもぎを家の近くで取ってきて、冷凍し、年末に

母がよもぎ餅を作ってくれたことを思い出させてくれました。

本物の味はいつまでたっても記憶に残っているものですね。

ついでに調子に乗ってまたまた「むしパンを食べました。」

f:id:menkui375:20190316135558j:plain

f:id:menkui375:20190316224747j:plain

お昼の早い時間に買いに行って、3時のおやつに食べるのがお薦めです。

時間が経つと、ふんわりした食感が落ちていきます。

それでも買った日のうちに食べれば、他の追随を許さない旨さですが。

鰆味噌漬け・昼スパ

今日の昼は「ツナとキャベツのスパゲティ」

f:id:menkui375:20190321120145j:plainツナの油がいい味を出してくれます。マヨネーズ、昆布茶、柚子胡椒、醤油で味を整えます。豚肉を少し入れてコクを出しています。

これ上品なスパゲティではないですが、旨いです。

晩御飯の一品は「鰆の味噌漬け」

f:id:menkui375:20190321173823j:plain

皮がめくれてしまって、不細工な仕上がりになってしまいました。

馴染みのお店から頂いて、冷凍保存していたものです。

いい鰆を使っておられます。味も文句なしです。

 

 

イトメン チャンポンめん

全国的にはあまり知られていない。それどころか、同じ兵庫県内でも、

西播地域以外ではさほど知られていない たつの市の「イトメン」。

創業1945年の老舗です。

竜野(漢字の方が僕は馴染みがあります)と言えば、素麺のブランド

揖保乃糸」で有名ですが、醤油も有名です。

そんな土地柄で誕生した会社が「イトメン」です。

https://www.itomen.com/

僕は子供のころから、こちらの即席ラーメンで育ちました。

当時はイトメンの「ヤンマーラーメン」が家に常備されていました。

あっさりした味で、子供の僕は日清の「チキンラーメン」が好きでした。

しかしながら、「ヤンマーラーメン」は当時1袋20円を割る価格だったと思います。

それに対して、大企業の日清の「チキンラーメン」は1袋30円位だったと記憶しています。その後、我が家の常備ラーメンは「チャンポンめん」変更されました。

年齢を重ね、30歳を過ぎた頃、明石のスーパーで「チャンポンめん」を発見し、

懐かしく思って買いました。

https://www.itomen.com/product/brand/chanpon/

食べて、びっくり。こんなに旨かったんだ!あっさりして、じんわりと旨味があるスープ。麺もいい感じです。大人になって、その良さを認識できました。

それ以来、明石、神戸では販売しているスーパーは限られていますが、

時々買っています。

 

f:id:menkui375:20190320225400j:plain

f:id:menkui375:20190320230025j:plain

僕はこの即席ラーメンには葱は入れません。

葱がスープの味を邪魔するからです。代わりにキャベツの千切りを入れます。

食べ進むに従って、旨さが増していきます。

今では「チキンラーメン」より「チャンポンめん」が好きになりました。

 

SE400S トラブル発生

現在メインシステムのアンプは JBL SG520+SE400Sです。

しかしながら、1昨日、ハークネスを聴こうとしたら、左chから音が出ない。

プリ、パワー両方の電源を落とし、しばらく時間を空けてから、再度電源投入。

このコンビ電源を入れ直すとよく機嫌がよくなるんです。

しかし、今回は左chからあまり聞いたことのないノイズ発生。

すぐに収まったので、恐る恐る少し音量を上げると両chから音がでました。

再び電源を落とし、時間を空けて再度電源投入。

今度はSG520が機嫌が悪い時に出るノイズ発。ノイズが収まるも左chからの

音が極端に小さい。

プリとパワー間のケーブルの左右を替えても左chの不調は続いた。

ない知恵を絞って、SE400Sに問題ありと推測するに至りました。

早速昨日、いつもJBLアンプの修理でお世話になっている

熊本県天草市の「エイブル」さんに修理を依頼しました。

今日からは JBL SA660 でハークネスを聴くことになりました。

f:id:menkui375:20190319194625j:plain

一番下段のSG520は相方不在で待機中です。

さて、SA660ですが、さすがに同じ時代のJBLアンプです。SG520+SE400S と比較して、さほど違和感はありません。

低音の量感、音の太さはSA660の方があるように感じます。しかし、低音の質感、音の切れ味、透明感はやはりセパレートが勝ります。

難しい比較はともかく、どちらでも十分にハークネスを楽しめることだけは確かです、

ちなみに左中段の小型プリメインアンプですが、これが侮れません。このアンプでハークネスをドライブすると、実に落ち着いた、誇張のないニュートラルなサウンドを楽しめます。ちなみにこのトランジスタアンプはKS WORKS 製です。いつもお世話になっているハワイのマイスターに製作していただいたアンプです。

コチ・白グチ 続き

土曜日に買ったコチと白グチを月曜日にも同じ調理法で食べました(^_^;)

f:id:menkui375:20190318183617j:plain

コチの煮付は土曜日に作ったものを2日間冷蔵庫で保存していました。

驚くべきは弾力ある歯応えが土曜日とまるで変っていないということと、身の味わいが少し増したということです。土曜日には鮮度が良過ぎたんでしょうか。

こんな経験は初めてで、驚きました。

白グチは3枚におろして生のまま真空パックして冷蔵していました。

またもやフライです。

f:id:menkui375:20190318185009j:plain

これまた土曜日と味は変わりません。しっとりしてキメ細やかな身を楽しみました。

それにしても明石の昼網の魚の実力は恐るべしですね。

 

森製麺所

高松市番町、高松高校東の「森製麺」に行ってきました。

f:id:menkui375:20190209112043j:plain

f:id:menkui375:20190209112829j:plain

メディアにほとんど露出しない昔ながらのお店です。

それゆえ、県外客からするとインパクトの強くないお店かもしれません。

固い腰の剛麺でもありません。するするいけるソフトな腰を持つ、

滑らかな麺です。出汁もイリコベースのしみじみとした味わい。

毎日のように食べるうどんはこうでなければ、というお手本です。

「かけ」をお願いしました。

f:id:menkui375:20190209112256j:plain

f:id:menkui375:20190209112353j:plain

天ぷらは自分で取って、置いてある包丁で自分好みに切ります。

f:id:menkui375:20190209112304j:plain

今はなき、番町の名店「久保」でも同じスタイルでしたね。

数少ない昔ながらのさぬきうどん店の面影を残した名店です。