うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

宮武うどん

高松市円座町の「宮武うどん」に行ってきました。

f:id:menkui375:20200329094951j:plain

f:id:menkui375:20200329094933j:plain

しばらくお目にかかっていませんが、宮武一郎大将はお元気にされているんでしょうか? そんなことを考えながら、「冷やあつ」を頂きました。

f:id:menkui375:20200329094434j:plain

f:id:menkui375:20200329094507j:plain

さすがに手切り。麺もしっかりねじれていますよ。

f:id:menkui375:20200329094619j:plain

すっかり、麺、出汁ともに落ち着いていますね。

琴平時代の「宮武」の味もだいぶ忘れてきましたが、もう少し、ズルッとすすりやすかった気がします。

それは過去への郷愁を含め、わずかな違いで、現在の「宮武」も美味しいうどんが楽しめます。


特選うどん遍路・宮武うどん

 

 

スジカツオ・黒メバル・揚物 / 河西鮮魚店

高松市上之町、琴電三条駅すぐ西にある「河西鮮魚店」に行ってきました。

高知県産スジカツオの腹身を買いました。

f:id:menkui375:20200529184616j:plain

f:id:menkui375:20200529184556j:plain

タタキにしました。

f:id:menkui375:20200529185209j:plain

本カツオほどの味の濃さはないんですが、脂がよく乗り、まろやかな味わいです。

女木島産の黒メバルを買いました。

f:id:menkui375:20200529184023j:plain

今年は黒メバルが安いです。やはり、料理屋などのプロからの引きがないんでしょうね。漁師さんも大変です。

この時期の黒メバルは脂の乗りもよくなって、塩焼がベストです。

f:id:menkui375:20200529190615j:plain

しっとりとした身で、上質の脂の旨さが堪能できます。これぞ、瀬戸内の塩焼です。

「河西鮮魚店」自家製の揚物

f:id:menkui375:20200529192240j:plain

忙しい大将、女将さんの手作りです。おそらくは近くの常連さんからのリクエストなんでしょうね。「遠くのスーパーに行かずに、こちらで魚はもとより、野菜や惣菜までそろえたい」という年配の常連さんの声が聞こえてきそうです。

この鱧フライとコロッケがまた旨い!冷えても旨いんですから、熱々の時の旨さは推して知るべしです。特にコロッケは「ここは肉屋ですか?」という旨さ。

魚はもちろん、売られているどんな商品を買ってもハズレのないお店です。

 

 

讃州めんめ

高松市宮脇町、の「讃州めんめ」に行ってきました。

f:id:menkui375:20200328125825j:plain

「美山ホテル」の1階にあります。

f:id:menkui375:20200328125808j:plain

f:id:menkui375:20200328124546j:plain

店内からは高松市街が見渡せます。

f:id:menkui375:20200328123700j:plain

「肉うどん」と「きのこうどん」をお願いしました。

f:id:menkui375:20200328124844j:plain

f:id:menkui375:20200328124445j:plain

f:id:menkui375:20200328124921j:plain

基本となる麺と出汁が実に旨いので、何を食べても美味しいんですね。

具材の味付けも上品で、出汁を味を邪魔せずに具材の良さをプラスしています。

そして、何といってもこちらの麺です。個人的には県内屈指の美味しさだと思います。

弾力、滑らかさ、程よい腰、麺自体の味、すべてにわたって、高次元でバランスされています。こちらの旨さは地元の中高年のお客さん、家族連れのお客さんが多いことに現れていると思います。