うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

小鯛・ミミイカ

週末に明石魚の棚「藤永」http://www.uonotana.or.jp/shop-011.htm

でミミイカを、明石市朝霧町の「むらかみ」http://www.sengyomura.jp/

で小鯛を買いました。この時期魚が少ないですが、最近は特にひどいです。

f:id:menkui375:20200118141927j:plain

小鯛は3枚におろし、5切れを塩10分、酢10分で〆ました。

3切れは炙って、鯛飯に。

残ったアラです。

f:id:menkui375:20200118144902j:plain

面倒ですが、すべて塩をして炙ります。それを昆布出汁に入れて、鯛出汁を作ります。

いろいろと利用できるいい出汁です。

鯛飯

f:id:menkui375:20200119175035j:plain

鯛出汁で炊き上げていますからね。旨いにきまってます。

潮汁

f:id:menkui375:20200119182637j:plain

小鯛は脂の乗りが少ないですが、その分、雑味のないスッキリした出汁になります。

鯛飯にこの潮汁をかけると最高ですよ。

f:id:menkui375:20200119182800j:plain

ミミイカは購入時の生の写真を撮るのを失念しました。

ミミイカに混じって、新子の剣先イカが入っていました。

剣先イカ以外は湯搔きました。

f:id:menkui375:20200119175117j:plain

辛子酢味噌に柚子を混ぜたもので頂きます。

湯掻いたミミイカの天ぷらも最高ですよ。

f:id:menkui375:20200119181600j:plain

ホタルイカと同じように扱えるイカです。鮮度抜群。安くて旨い!

混じっていた剣先イカの新子は造りにしました。薄くても、甘くて旨い。

小鯛のキズシと一緒に食べました。

f:id:menkui375:20200118181731j:plain

右上にボイルしたミミイカも添えました。ホントに耳みたいに見えますよね。

小さ目の鯛は〆て食べるのが一番です。

安価ですが、美味しい食事ができました。

 

黒糖蒸しパン / 朝霧堂

明石市本町。明石銀座東筋の「朝霧堂」は無添加を基本とした

安心のお店です。店主の日々の誠実な姿勢が美味しい本物の

菓子を生み出しています。

お気に入りの「蒸しパン」を買いました。

f:id:menkui375:20200113153527j:plain

f:id:menkui375:20200113223545j:plain

もっちり、ふんわり、自然な甘さで、低価格!

そんじょそこらのシフォンケーキより確実に旨い。

無添加ですから、購入当日はもちろん、できるだけ早く食べましょう。

https://www.jalan.net/gourmet/grm_alikejpB000456276/kuchikomi/0004001148/

 

キス・白グチ

昨日はいつものように「明石魚の棚」に出かけました。

「藤永」http://www.uonotana.or.jp/shop-011.htm

で、前獲れのキス、白グチを入手しました。

f:id:menkui375:20200118162930j:plain

大ぶりのキスも含まれています。

大ぶりの2尾は塩焼に

f:id:menkui375:20200118182720j:plain

真っ白なキレイな身です。キスならではの旨味が味わえただけでなく、ほどよく脂の甘みも楽しめました。いいキスです。

小さ目め4尾は天ぷらに

f:id:menkui375:20200119180604j:plain

カラりと揚がりました。ちなみに我が家は米粉で衣を作って、米油で揚げています。

ホクホクした中に上品な旨みがあって、これぞ天ぷらです。

白グチ

f:id:menkui375:20200118150733j:plain

先週買った白グチがまだ冷凍庫に残ってます。

昨日は片身を唐揚げにしえ、それを野菜と中華風に炒めました。

f:id:menkui375:20200118185748j:plain

頂き物の柚子を散らしました。白グチは油との相性がよく、応用範囲も広く、

冷凍していても使い易い魚です。

 

 



讃州めんめ

高松市宮脇町の「讃州めんめ」に行って来ました。

栗林トンネルの北の峰山へ向かう途上の「高松美山ホテル」の1階にあります。

f:id:menkui375:20191227121544j:plain

店内からは高松の市街地が望めます。

f:id:menkui375:20191227115559j:plain

f:id:menkui375:20191227115647j:plain

「肉うどん」をお願いしました。

f:id:menkui375:20191227120356j:plain

f:id:menkui375:20191227120422j:plain

今回は2回目の訪問でした。

前回、麺の旨さを確認していましたが、今回は出汁の旨さ、うどんとしてのトータルな

旨さに感激しました。本当に丁寧に作られていることがよくわかります。

前回にもまして、麺が旨く感じられました。もっちりした中にゆっくり跳ね返してくる腰、滑らかさと程よいざらつき感のバランス、そして小麦の甘みと讃岐うどん本来の特質を備えています。肉の味付けも良く、出汁の味を邪魔することなく、出汁に肉の旨味を加えています。

こちらはセルフとは少し違って、注文をしてから多少時間がかかることもありますし、

店内は以前はいかにも喫茶室として使われてきたような作りなんで、客席数も少ないですが、ゆったりと美味しいうどんを楽しめます。

 

あづまや

明石市朝霧南町の「あづまや」に行ってきました。

こちらは時々無性に行きたくなるんですね。

こちらの人気メニューは巨大な海老フライが乗った「海老カレー丼」、ボリューム満点のトンカツが乗った「カツカレー丼」です。実際お客さんの半数以上がこのどちらかを頼んでいる気がします。

しかし、中高年の僕にはもう食べきれません。いつもシンプルな「カレー丼」とミニ蕎麦を頼みます。

f:id:menkui375:20191214112800j:plain

f:id:menkui375:20191214112801j:plain

カツがなくても、こちらのカレーだけで十二分に旨いんです。

いい材料を使って、丁寧に作られているのがわかります。

こちらのカレーより旨い「カレー専門店」はそんなに多くないですよ。

店内にはオリックス時代の若きイチローのサイン色紙が飾られています。

https://tabelog.com/hyogo/A2804/A280401/28008546/

 

天然鰤

先週末に買った食材のアップが遅れています。

明石魚の棚「松田」http://www.uonotana.or.jp/shop-094.htm

で、舞鶴産の天然鰤のブロックを買いました。

f:id:menkui375:20200112170344j:plain

f:id:menkui375:20200112170352j:plain

加齢とともに背を選ぶことが多くなってきました。この鰤なら背で十分です。

まずは塩焼

f:id:menkui375:20200112180133j:plain

いい照りしてます。じんわりと脂が出てきてます。

次の日は味噌漬け

f:id:menkui375:20200113174757j:plain

1日漬けただけです。あまり強く漬かった味噌漬けより、浅漬けがすきです。

柚子を散らすと旨さも倍増。

漬け

f:id:menkui375:20200113175544j:plain

醤油、酒、出汁、みりんで作った漬けダレに1日漬けたものです。

これは旨い。いやなニオイが一切消えて、脂の旨味がじんわり味わえます。

お造りで食べるより好みです。

この後、2日漬けたもの、3日漬けたものを食べました。

味の変化が楽しめました。1日漬けたものと2日漬けたものが特に旨かったですね。

3日漬けたものはほんの少し、逆に匂いが出てきました。

 

 

昼スパ

まだありました。昼スパの写真

懐かしの「ナポリタン」

f:id:menkui375:20200112114808j:plain

僕はトマトソースにトマトケチャップを加えて作ります。

「帆立と水菜のスパゲティ」

f:id:menkui375:20200113113841j:plain

作り方はだいたいいつも通りなんで、想像がつくと思います。

帆立から出る旨い出汁を麺に絡んで旨くなります。