うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

UP TOWN (アップタウン)

高松市田町のジャズ喫茶「UP TOWN」に行ってきました。

初訪問です。

以前から存在は知っていたのですが、入りにくいオーラが出ていて

なかな決心がつきませんでした。

 

f:id:menkui375:20220403142533j:plain

昭和58年の創業のようです。

もう40年のキャリアをもつお店ですね。

店内の写真を撮ると怒られそうなんで、我慢しました。

カウンターとテーブル席、マスターの座る場所があります。

ピアノの後ろにスピーカーがあります。

JBLのD130と075をバックロードの箱に入れたやつです。

型番は聞きそびれましたが、おそらく下の写真と同じではないでしょうか。

f:id:menkui375:20140607104911j:plain

JBL4530BKではないかと思っています。

マスターはもちろん、多くを語りません。

典型的な昭和のジャズ喫茶ですよ。

店に入った時、偶然エリントンの "HIFI UP TOWN" が置いてあったので、

「お店の名前はこのアルバムからとられたんですか?」と聞くと、

短くタイトル名を繰り返し、頷かれました。

さすがに初見でリクエストする度胸はなかったです。

CDで新しめのジャズがかかっていましたが、いい音です。

なめらかで、質感が高く、豊かな低音に支えられた素晴らしいサウンドでした。

アンプはLuxman真空管アンプMQ70??だったと思います。

そのあたりをお聞きすると、「真空管アンプを使っているから」とのこと。

そして、豊かでありながら質感の高い低音は床のコンクリートを2重に施工された賜物であるようです。

ちなみに珈琲はコクがあって、かなり旨い。

また訪問したいと思えるお店でしたよ。