うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

UP TOWN (アップタウン)

高松市田町のジャズ喫茶「アップタウン」。

前回お邪魔した時のコーヒーの旨さと音の良さが

印象的で、2回目の訪問を決行しました。

 

f:id:menkui375:20220403142534j:plain

今回は座る場所をマスターに指定されました。他にお客さんはいません。

めんくい(以下「め」) 「コーヒーお願いします」

マスター(以下「ま」) 「...」

大きめのおしぼりと水が置かれる

ほどなくコーヒーが運ばれる。

め 「あの~、リクエストとかはダメなんですか?」

ま 「あればできるよ。あればね。」(リクエストしたレコードがあればという意味)

め 「エリントンの "HIFI UPTOWN"  聴きたいんですが…」

ま 「あれは夜に聴くレコードで朝から聴くもんじゃない」

   

訪問時間は2時半でしたが。

このお店の店名の由来にもなっている Duke Ellington の「HIFI Ellington UP TOWN」は僕の大好きなレコードである。おまけにちらりと前回お店の中でジャケットを目にしていたので、万全のリクエストですが、あえなく撃沈。

CDでピアノトリオがかけられていた。いい感じだった。タバコに火をつけて、かけられているCDを楽しむことにした。

マスターは前回と同じように、立ったり、座ったり、レコード棚を触ったりしていた。

その間にお店の中を撮ってみた。暗いので、ピントが合っていない。

マスター、勝手に写真を撮ってすいませんm(__)m

ちょっと怖くて言い出せなかった。

f:id:menkui375:20220409141846j:plain

右のほうにマスターの指定席があります。

カウンターの内側にレコードプレーヤーが2台あります。

f:id:menkui375:20220409141851j:plain

f:id:menkui375:20220409141856j:plain

写真右奥にも大量のレコードがあります。

囲んだ部分が左スピーカー。右側はピアノの後ろに隠れています。ただし、075ツイーターだけは見えます。スピーカーシステムは JBL D130+075 おそらくネットワークはN2400

エンクロージャーは 4530BKではないでしょうか。シングルウーファのバックロードホーン方式ですね。

CDが終わり、何やら針先がレコードをトレースする音が・・・

何と! HIFI UP TOWNのA面1曲目「Skin Deep」が爆音で!!!

め 「ありがとうございます!!」

感謝の声が聞こえたかどうかは不明

A1 Skin Deep  

Louis Bellsonのバスドラの威力をこれでもかと聞かせます。

A2 The Mooche

Jimmy Hamiltonのふくよかなクラリネットに包まれます。

A3 Take the "A" Train 

後半の Paul Gonsalves の疾走するテナーに酔います。

どの曲もしっかりした土台(低音)に支えられた素晴らしいサウンドでした。

マスター、ありがとうございました!またお邪魔します。

 

帰宅して、同じレコードを聴いてみる。

f:id:menkui375:20220414183950j:plain

f:id:menkui375:20220414184220j:plain

スピード感、中高音の切れの良さはあるんだが、低音がやはり弱く感じる。

40年にわたって鳴らしジャズを続けられ、マスター好みの音に進化していったスピーカーはやはりスゴイですね。大音量でもうるさくないですし。

いやいやいい勉強になりました。