うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

菊水鮓西店

西明石の「菊水鮓西店」に行ってきました。
こちらではいつも大将に任せて握って頂いています。
明石鯛

歯応えと旨味の頃合いがいいですね。こちらの大将は
ホントに魚が美味しくなるタイミングをよくわかっておられます。
車海老

やはり茹でたものが好きです。温かく、海老の香りと、甘みが際立ちます。
白甘鯛

〆加減がいいです。魚の持ち味を生かしています。
ハリイカ

表面に出汁を塗られています。より滑らかになっています。
ハリイカも美味しくなるタイミングで提供されています。
煮鮑

平目漬け

脂の乗った平目に何とも言えないコクが加わっています。
ウニ

何と由良ウニの下に北海道の馬糞ウニが隠れています。
この時期の由良ウニは口どけの良さは変わりませんが、
濃厚さが少し足りないようで、北海道の馬糞ウニで補っておられます。
見事な2種のウニの合体に感心しました。
沼島のトツカアジ

小ぶりですが、上品味わいで、実にいい脂が乗っています。
穴子・塩山椒

穴子・甘ダレ

こちらの蒸穴子はいつ食べても最高です。
特に甘ダレには明石「鍵庄」の乾燥海苔が添えられていて、
これが実にいい仕事をしています。
ゴヤフグ

ちりでいただきました。
ツバス



12月の蛸は美味しいです。いい香りが楽しめます。
トロ

〆鯖

切り付けが美しいですね。
穴子新香巻

こちらの穴新の風味、食感は図抜けていますね。
穴子棒寿司

いい焼き穴子仕入れられています。
みりんのプリン

女将さん特製のデザートはいつも最高です。
ほとんどのスイーツ専門店を凌駕しています。
こちらのお店は高級店にありがちな敷居の高さは
一切ありません。気さくな大将が常にお客さんに
気を配り、話かけて下さいます。
初見の方でもすぐにリラックスできます。
そして、好奇心旺盛な大将は魚を美味しく食べる調理法、タイミング等について
卓越した見識をお持ちです。これぞプロフェショナルと思います。