うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

追悼 西城秀樹さん その2

西城秀樹さんの通夜、告別式には多くのファンが参列されていたようです。
週末、改めて何枚がシングル盤を聴いてみました。



バラード調に歌い上げる「若き獅子たち」、「ラストシーン」、
切々とドラマティックに訴えかける「至上の愛」、「白い教会」、
若さとエネルギーがほとばしる「激しい恋」、「情熱の嵐」、
みずみずしい青春時代を唄った「青春に賭けよう」など、
時代によってスタイルが変化しています。
この柔軟性というか、対応能力の高さは彼の魅力の一つですね。