うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

「味どころ 撰」その63

GWに高松市木太町の「味どころ 撰」に行ってきました。
さすがに混んでいましたが、大将の素早い包丁さばきと
段どりの良さで、全く混雑を意識させません。
付き出し

高知産カツオのタタキ

旨い!どうしてもこちらでタタキが食べたくて、事前にリクエストしてました!
蛸、オコゼの造り

いつもながら蛸の茹で加減が絶妙です。
子フグと野菜の煮物

大将お気に入りの幻の山菜「こしあぶら」も入っています。
こしあぶらの苦味が何ともいいアクセントになります。
新鮮地野菜

地元香川の野菜の旨さに惚れ込んでいる大将の最近の定番。
そのままいただいても美味しいですが、ハーブ塩を付けても旨いんです。
そら豆塩茹で

香川の地野菜は何を食っても旨い。
金目鯛の煮びたし

こしあぶらと小海老のかき揚

ワイン塩で頂きます。

こしあぶらの風味ははまります。
さぬきのめざめの蒸し物

シンプルに蒸して、塩、コショウと米油だけを
かけた料理ですが、さぬきのめざめの甘さ、食感の良さを
最大限の味わえる逸品です。茹で時間は秘密です(笑)
さぬきのめざめとハリイカの炒め物

好物のさぬきのめざめの連発に大満足です。
オコゼの赤出汁

大将にしては珍しい赤出汁です。
オコゼの赤出汁がまずいわけがありません。
破竹の素麺

破竹から取った出汁の得も言えぬ旨味と風味を
楽しめる逸品。僕の大好物です。
出汁のとり方はこれまた企業秘密です。
果物

今回も大満足でした。
魚料理は言うまでもありませんが、大将の
香川の地野菜に対する愛情と造詣の深さに感銘を受けました。