うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

味どころ 撰 その83

高松市木太町の「味どころ 撰」に行って来ました。

 

いつも通り、「おまかせ」でお願いしました。

付き出し (1人前の写真です)

 

この後「冷たいコーンスープ」が出たのですが、写真を撮るのを失念しました。

自然な甘みがあって、実に美味しいスープでした。

 

オコゼ造り (2人前の写真です)

しっかりした身で、旨味があります。肝がまた甘くて旨い。

メバル(オキソメバル)煮付 (1人前の写真です)

磯の香りがどことなく感じられ、程よく脂が乗って、抜群に旨い黒メバルでした。

いつもながら大将の目利きが光ります。

もちろん、メバルの旨さを引き出す味付けも絶妙です。

キス塩塩焼き (1人前の写真です)

大ぶりの立派なキスを炭火でじっくりと焼き上げています。しっとり、旨味のある塩焼きです。

とうもろこし(ゴールドラッシュ)のかき揚げ (1人前の写真です)

実に甘みがあって旨いです。

もちろん、ゴールドラッシュは旨いんですが、衣とゴールドラッシュの絡み具合というか、衣が実に巧みにゴールドラッシュを繋いでいます。

さぬきのめざめとゴールドラッシュの炒め物 (2人前の写真です)

太くて、ジューシーな「さぬきのめざめ」にゴールドラッシュを加えて炒めています。餡にゴールドラッシュの甘みが溶け出し、ジューシーな「さぬきのめざめ」をさらに美味しくしています。唐辛子のピリ辛味もいいアクセントになっています。

酢の物 (1人前の写真です)

胡瓜、小海老、生姜、大葉のシンプルな酢の物。しかし凛とした味わいはさすが。

オコゼ味噌汁 (1人前の写真です)

麦みそを使った味噌汁、じんわりと浸みてくるような旨さがあります。

淡竹素麺 (1人前の写真です)

この時期のお楽しみです。冷たいかけ出汁に淡竹の香りが加わり、何とも言えない旨さになります。爽やかな一品です。

果物 (1人前の写真です)。

自家製の「イチゴ寒天」を中心に、イチゴ、ブルーベリーなどが入った清涼感あるデザート。

以上、大満足で満腹です。

最近は瀬戸内の肴がどんどん少なくなってきていますが、大将の目利きと鮮魚店との信頼関係の賜物でしょうか、本当にいい素材を仕入れられ、その素材の良さを十二分に引き出す調理をされる大将には頭が下がります。

本当にお値打ち価格で素晴らしい料理が堪能できます。


www.youtube.com


www.youtube.com