うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

「味どころ 撰」 その49

11月下旬にお邪魔しました。
最近は混雑していることが多いですね。
大将の実力が認知されてきた証でしょう。
付き出し(1人前の写真です)

九条葱と生麩の揚げ出しの吸物(1人前の写真です)

こちらのお店の基本の出汁の優秀さを物語る出来栄えです。
葱も甘みがあって、実に渋い一品。
ハゲの造り(2人前の写真です)

歯応えがいいです。肝も大きくて、堪能しました。
甘鯛若狭焼(1皿が1人前の写真です)


塩加減が絶妙で、甘鯛の旨味を引き出しています。
蕪蒸し(1人前の写真です)

治部煮(1人前の写真です)

季節を感じます。鴨もいい味しています。
赤海老とハリイカの天ぷら(1人前の写真です)

実にいい型の足赤海老です。甘みがあって、食べ応えがあります。
ハリイカは天ぷらが一番とは大将の弁。
オコゼの味噌汁(1人前の写真です)

いい出汁が出てます。
カラスミのお茶漬け(1人前の写真です)


自家製カラスミです。ぬか漬けも旨い!
果物(1人前の写真です)

以上堪能しました。
年末にはまた行きたいと思っています。
いつも工夫されてメニューで楽しませてもらっています。
ご馳走様でした。