うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

味どころ 撰 その80

香川県の「まんぼう」が終了し、日々のコロナ感染者数も少なくなりました。

しかしながら、多くの飲食店は客足が戻らず、苦労しています。

昨夜、高松市木太町の「味どころ 撰」に行ってきました。

いつものように大将におまかせです。

付き出し(1人前の写真です)

f:id:menkui375:20211014181238j:plain

土瓶蒸し(1人前の写真です)

f:id:menkui375:20211014182357j:plain

あろうことか中身の写真を撮るのを忘れていました。

もちろん、松茸、鱧、三つ葉です。

鱧はその場で骨切されています。基本となる出汁が本当に美味しいのですが、

それに松茸の香りと鱧の旨味が加わり、盤石の旨さです。

しずの握り(1人前の写真です)

f:id:menkui375:20211014182746j:plain

しずの〆加減が抜群です、加えて、この美しさ。ちょっと家庭ではできないですね。

造り(1人前の写真です)

f:id:menkui375:20211014183645j:plain

伊吹島の鰆、アコウ、ハリイカ

いい脂が乗った鰆が美味です。ハリイカも当然のように甘みが強く、アコウは

噛みしめるたびに旨みを楽しめます。

カツオタタキ(2人前の写真です)

f:id:menkui375:20211014184209j:plain

しっかりした身です、いいカツオを選んでおられますね。付け合わせの玉葱も甘くて、

実に旨い。

ハリイカと蟹と地野菜の炒め物(2人前の写真です)

f:id:menkui375:20211014185407j:plain

シンプルでありながら、蟹の旨味、イカの甘みが加わり、奥行きのある味わいが楽しめます。東かがわ市の獲れたて野菜がまた抜群に旨いですよ。

ハリイカ(新イカ)の天ぷら(1人前の写真です)

f:id:menkui375:20211014190904j:plain

ハリイカの小イカ(新イカ)を丸ごと1パイ、肝も一緒に揚げています。

油が跳ねて、危ない調理ですが、内臓のトロリとした濃厚な旨さが加わり、

何とも言えない旨さを楽しめる天ぷらです。

鰻白焼き(2人前の写真です)

f:id:menkui375:20211014191759j:plain

炭火を使って焼き上げたものです。山葵とポン酢で食べると、鰻特有のクセがなく、

鰻が苦手の家内も食べられます。

アコウの煮付(1人前の写真です)

f:id:menkui375:20211014192937j:plain

素材の持ち味を生かすために絶妙の薄味で仕上げられています。

大ぶりのアコウのカマです。プロらしい仕事ぶりです。

温かい素麺(2人前の写真です)

f:id:menkui375:20211014194133j:plain

鱧出汁を使った素麺です。長野県産の舞茸、松茸が入っています。長野県産の舞茸の香りが実に素晴らしく、鱧出汁の旨さと相まって、実に魅力的な素麺でした。

果物(1人前の写真です)

f:id:menkui375:20211014195136j:plain

まだまだお客さんも少なくて、食材の仕入れも大変かと思いますが、前日までに予約しておけば、このように素晴らしい料理を提供してもらえます。

それでいて、お値打ちの良心価格です。いつもながら大将の料理に対する姿勢には頭が下がります。ご馳走さまでした。

Facebookにはランチのメニューや人気の大将特製「蒸しパン」の情報などがあります。

 

ja-jp.facebook.com