うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

「味どころ 撰」その72

2週間ほど前になりますが、高松市木太町の「味どころ 撰」に行ってきました。

f:id:menkui375:20200306202852j:plain

 

いつも通り、大将におまかせです。

付き出し (1人前の写真です)

f:id:menkui375:20200306202834j:plain

生しらすと地野菜のサラダ (1人前の写真です)

f:id:menkui375:20200306202931j:plain

ほとんど生しらすの塩味だけで頂きます。

地元香川の生命力あふれる野菜は甘みがあり、しらすの塩味だけで十分美味しく頂けます。

お造り (2人前の写真です)

f:id:menkui375:20200306203132j:plain

蛸、タイラギ、ハリイカ、鯛、スジカツオ

脂がよく乗ったスジカツオは炭火で炙られています。

これは素晴らしい。炭火ならではの香りが魚のクセを消し、旨味を引き出してくれています。

金目鯛の焼浸し (1人前の写真です)

f:id:menkui375:20200306203408j:plain

塩焼した金目鯛を上品な出汁に浸しています。出汁に金目の旨味が溶け出して、

出汁まで飲み干してしまいます。

タイラギの炭火焼き (1人前の写真です)

f:id:menkui375:20200306203539j:plain

すっかり大将お気に入りの調理法になりました。

今シーズン最後の地元産タイラギ。甘みと食感、そして炭火の香りがたまりません。

天ぷら (1人前の写真です)

f:id:menkui375:20200306203714j:plain

早くも新筍の登場です。海老は甘みたっぷりのシラサ海老。これだけのサイズのシラサは貴重です。

メバル煮付 (1人前の写真です)

f:id:menkui375:20200306203821j:plain

これまた貴重な大ぶりの黒メバル

大将はいつも素晴らしい状態の黒メバルを出してくれます。

大将の目利きに狂いはありません。

「讃岐のめざめ」と白葱の炒め物 (2人前の写真です)

f:id:menkui375:20200306204015j:plain

香川の誇る地野菜「讃岐のめざめ」。

いつも大将は美味しくたべさせてくれます。

裸麦入り雑炊 (2人前の写真です)

f:id:menkui375:20200306204234j:plain

一見何の変哲もないおかゆのように見えますが、そうではありません。

裸麦が入っていて、プチっとした食感が楽しく、出汁と繊細な塩加減に大将の気合いを

感じます。自家製梅干しもいいアクセントになっています。

思わず背筋がピンと伸びる一品です。

果物 (1人前の写真です)

f:id:menkui375:20200306204616j:plain

全国的にいい魚が少ないですが、そんな中でも大将の確かな目利きと鮮魚店との太いパイプ、そして大将の料理と食材に対する強い想いが美味しい料理を生み出しています。

ご馳走様でした。


味どころ 撰


味どころ 撰