うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

Aura VA-50

ふとしたきっかけで入手しました。

Aura Design のプリメインアンプ VA-50

f:id:menkui375:20190922121123j:plain

f:id:menkui375:20190922121239j:plain

f:id:menkui375:20190922121257j:plain

以前、同じAuraのVA-100EVⅡというプリメインアンプを使っていた時期がありました。

僕のAura初体験はVA-40でした。30年位前、まだ重量級のアンプが全盛だった頃、

店頭で、JBLの大型スピーカー(型番は失念しました)を小さくで、ちゃちなVA40

がドライブしていました。当時はサンスイの重量級プリメインアンプを使用していた僕からすると、こんなちゃちなアンプがJBLの大型スピーカーから、いきいきした、フレッシュなサウンドを再生していることが驚きでした。

それ以来Auraのアンプは常に気になる存在でした。

Aura人気が高まるにつれて、やはり、何というか生産体制の規模の変化のためか、

そのサウンドにも変化が出てきたようです。

個人的には VA-100EVⅡあたりまでがAuraらしいと思っていますが、より初期の

VA-40、VA-50のサウンドが聴きたくて探していました。

そして、待っている人にはやって来るものですね。

さて、そのサウンドですが、使用しているスピーカーにもよりますが、

いい意味でのドンシャリ。シンバルは輝かしく、低音の量感も十分。

しかし、トータルとしては、生き生きした、心地よいサウンドを聴かせてくれます。

聴かせ上手ですね。こうなるとVA-40にも興味がわきます。