うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

ふみや 本店

高松市瓦町の「ふみや」に行ってきました。

 

お昼は11時半からの営業です。早めに行って並びました。

開店から5分もすれば満席になります。

f:id:menkui375:20211210120106j:plain

「きも焼」と「かき焼」をお願いしました。

こちらのお好み焼は関西風でも広島風でもありません。

「ふみや」独自のお好み焼きです。

鉄板に多量のケンネ(牛脂)をおいて、揚げるがごとくカリッと焼き上げる。

さらさらの小麦粉の生地とキャベツを混ぜたものを鉄板を鉄板の上に、そして

その上に鶏の肝、砂ズリ、ハツなど(かき焼の場合は牡蠣)を乗せて、その上に再び

さらさらの生地をかけるます。

f:id:menkui375:20211210113230j:plain

きも焼

f:id:menkui375:20211210114338j:plain

ソースをかけると

f:id:menkui375:20211210114431j:plain

かき焼。ソースがすでにつけています

f:id:menkui375:20211210114345j:plain

大ぶりの牡蠣がでてきましたよ。

f:id:menkui375:20211210114643j:plain

ソースは地元仏生山「神崎屋」の特製ソース。酸味があって、スパイシーな逸品です。
こちらには青海苔、鰹節、マヨネーズなどはなく、ソースだけをつけて食べます。

お好み焼」にはヘラ、「そば焼」にはフォークが用意されるだけです。

アルコールも禁止で、ハードボイルドなお店です。

弟さんのお店が鍛冶屋町にあって、そちらの映像があります。


www.youtube.com


www.youtube.com

外はカリッと、中はトロリとしたお好み焼きは牛脂の甘さが加わり、実に旨い。

肝の鮮度がよく、臭みなど全くなく、それぞれの部位の食感が味わえ、飽きることなく、ノンストップで食べられます。これで650円はお値打ちですよ。

この高松の文化財ともいえる「ふみや」ですが、高齢のご夫婦を中心に切り盛りされているので、夜も18時45分には閉店となります。休業日も週に2日あります。

無理をせず、長く営業を続けて頂きたいお店です。