うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

河西鮮魚店 / 白甘鯛・アジ・カマス

土曜日に高松市上之町、琴電三条駅のすぐ西の河西鮮魚に行ってきました。

f:id:menkui375:20190209114822j:plain

この日もいろいろな魚が並んでいました。

f:id:menkui375:20190209115052j:plain

手前の「白甘鯛」に目が釘付けになりました。

さほど大きな型ではないですが、これは珍しい!おまけに安いです。

聞くと、愛媛県産の1本釣りとのこと。

これは買わないわけにはいきませんね。

自分で調理したかったので、このままで買いました。

f:id:menkui375:20190209115705j:plain

さて、持ち帰ってまな板の上に

f:id:menkui375:20190209174225j:plain

旨そうですね。

しかし、まず鱗を包丁で丁寧に取ります。身が柔らかいので、注意が必要です。

頭を落とします。

f:id:menkui375:20190209180936j:plain

おっと、1本釣りの証、釣り針が出てきました。

指に刺さったら大変です。

片身は塩10分、酢20分で軽く〆ました。

f:id:menkui375:20190210175854j:plain

皮を引くのにちょっと苦労して、見栄えが悪くなっています。

旨味と程よい脂が乗って、さすが白甘鯛!

残りは塩焼に

f:id:menkui375:20190210181219j:plain

上品な甘み、脂がたまりません。頭の中のゼラチン質まで旨い!

塩焼を食べた後は潮汁に

f:id:menkui375:20190210183810j:plain

甘鯛の旨味だけを味わうため、あえて何も薬味を入れてません。

潮汁としては最強ではないでしょうか?天然鯛も脱帽です。

「河西鮮魚」に行くと「渡り蟹」に目が行きます。

こちらは活けの渡り蟹を店内で湯掻いて、身を取って、甲羅に詰めていただけます。

こんなサービスをしてくれるお店を僕は他に知りません。

この日もお願いしました。

f:id:menkui375:20190209184050j:plain

f:id:menkui375:20190209183331j:plain

メスですよ。

f:id:menkui375:20190209183644j:plain

卵もたっぷり。

サイズと時期によりますが、この個体で1100円でした!

これは生の価格としても安いですよ。

手間賃を考えると、信じられないバーゲンプライスです。

料理屋なら、ここまでしたら、5000円位取られますよ。

僕も自分で同じように料理するんですが、身の取り方が下手で、時間がかかる上に、

一つ一つの身が小さくなってしまいます。

カマスの刺身」も旨そうで、買ってみました。

f:id:menkui375:20190209181618j:plain

トロっとした身で、美味しかったですよ。

 小豆島産のアジも買いました。

f:id:menkui375:20190209133150j:plain

1尾100円!でもいい形してます。

包丁を入れたとたんに、「これはイケる」と思いました。

開いて、塩をして約5時間。

f:id:menkui375:20190209182615j:plain

上質な脂と、ほっこりした身が旨い!これまたお買い得!

土曜日、日曜日と2日にわたって楽しめました。

こちらのお店は大将の魚に対する想いが品揃えに表れています。

また、すべてにおいて丁寧さが光ります。

例えば、買った魚を袋に入れてくれる時の氷の入れ方一つをとっても、

他の鮮魚店とは違います。実際にいろいろな鮮魚店に行かないとわからないと

思いますが、氷を置く位置というか、魚への氷の当て方にまで

しっかり配慮されています。

家庭で美味しい魚を食べるために最適のお店と思います。