うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

渡り蟹・ハリイカ・足赤海老

週末は久しぶりにいい天気でした。
で、
期待して明石魚の棚に行きましたが、
2日とも魚はあまりなかったですね。
そうはいっても晩御飯のおかずを何とか確保しました。
土曜日は「松田」http://www.uonotana.or.jp/shop-094.htm
で渡り蟹を買いました。

湯掻きました

これからが大変です。
甲羅を器にしてあらかじ身を丁寧に取って入れます。
これで、食べる時にゆったりとした、豊かな気分が味わえます。
高松市上之町の「河西鮮魚」の仕事を見習ったわけです。

甘くて旨い。味も濃いです。
改めて河西鮮魚の苦労がよくわかりました。
「克丸」http://www.uonotana.or.jp/shop-108.htm
で活けのハリイカを買いました。

新子と言うには少し成長してしまっていますが、
小ぶりなのは確かです。
お造りにしました。

ハリイカならではの歯応えと身の甘みが堪能できました。
ゲソは軽く炙って、スダチを絞って食べました。

炙り加減はレアです。甘みがさらに引き立ちます。
最後は渡り蟹のアラから出汁を取った赤出汁

今日のお昼御飯は、このハリイカの墨と身を使って、
イカスミのスパゲティ。

ハリイカのミソも入れているので、濃厚な味わいです。

今日の日曜日は「克丸」http://www.uonotana.or.jp/shop-108.htm
で、足赤海老を買いました。

3尾は鮨屋さんよろしくボイルしました。

塩とスダチで頂きます。プリプリしながらも
甘み、香りが楽しめます。
4尾は串に刺して、塩焼にしました。
見た目が悪いので、写真には撮っていませんが、
味はいいですよ。より甘みが感じられます。
残りの6尾は海老フライに

天然足赤海老を使った贅沢な海老フライです。
その上品な旨さは輸入品の比ではありません。
最後は13尾の海老から取った出汁で赤出汁を

海老の香りが強く感じられます。