うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

「味どころ 撰」その65

2週間前のことで、恐縮ですが、
高松市木太町の「味どころ 撰」に行ってきました。

いつも通り、大将におまかせです。
付き出し(1人前の写真です)

カツオの塩タタキ(2人前の写真です)

実に上質のカツオです。強めに塩を振って
焼かれているので、そのまま頂きます。
香りの良さ、脂の乗り、身の味の濃さが楽しめます。
サヨリの造り(2人前の写真です)

いい型のさよりです。爽やかで、歯応えもいいです。
一緒に出された蛸の茹で加減が絶妙です。
メバル煮付(1人前の写真です)

大将のメバルに対するこだわりにはいつも感服します。
この日のメバルも適度に脂が乗り、実に旨かったです。
小紋フグ唐揚げ(1人前の写真です)

パサつかず、身の食感と味を楽しめます。
アスパラガス・葱・松茸の炒め物(2人前の写真です)

豪華な組み合わせの炒め物。
和風だしを使いながら、米油、塩を使い、
実に旨味たっぷりのまったりした味に仕上げられた炒め物です。
家庭ではなかなか真似ができないプロの味。
しず(ウオゼ)の握り(1人前の写真です)

この季節の定番であり、僕の好物です。
しず独特の上品な旨みが堪能できます。〆加減もいいです。
ロシア産天然鮭(1人前の写真です)

「いい鮭が手に入ったが、そのまま焼いて出すのもどうかと思って・・・」
という大将の前置きがあったんですが、
この調理法も素晴らしい。確かに旨い鮭でした。
またその鮭の旨味が出汁に溶け出して、たまりません。
果物(1人前の写真です)

季節ごとの定番メニューに加えて、新しい組み合わせ、調理で
楽しませて頂いています。そして本当に勉強になります。
ご馳走さまでした。