うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

釜からどん

法然寺の「竜雲」で店長をつとめ、数々のヒットメニューを開発してきた職人がオープンさせたお店ということで、期待がふくらみます。
塩江街道を南下し香川町に入り、パチンコ店の駐車場の隅にあります。「あたりや」よりはずっとわかりやすいですよ。

竜雲と同じくセルフではなく一般店です。
メニューを開けて


「柔らかチャーシューのつけうどん」
「牛ホルモンと温玉のつけうどん」を注文しました。





麺は滑らかで、程よい腰があります。つけ出汁は薬味、具材がよく研究されている感じで、
美味しいです。初めて「後メシ」にして食べましたが、ちょっとクセになりますね。
家内は自分が注文した「チャーシュー」の方がいいと言ってました。僕はやはり自分が注文した「ホルモン」が旨いと思いました。
中華が食べたかったのですが、中華の販売は夜のみということでs、残念。
竜雲時代からのお客さんも多いようで、和気あいあいとした雰囲気でした。