うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

「味どころ 撰」 おまかせ その21

先週末は冷え込んできました。別に気温とは無関係に旨いもんが食べたくなり、いつもどおり、高松市木太町、「味どころ 撰」に行ってきました。
付き出しです。 (1人前の写真です)

さつま揚げのお吸い物。少し甘みがあって、ほんわかします。(1人前の写真です)

お造り。シマアジ、ヨコワ、さぬきでんぷく、鯛。 (2人前の写真です)

ヨコワは脂の乗りもよく身もしっかりしていました。

寒い季節はやはりこれです。

活けズワイ蟹の鍋。甘みにあふれた蟹の身がたまりません。(2人前の写真です)

ノドグロの焼物。一塩しておいたノドグロです。ふんわりした上品な身で、脂の乗り、旨味のバランスがいいです。(2人前の写真です)

エビ芋の揚げ出し。エビ芋の甘みが引き立ちます。僕の大好きな料理です。
(1人前の写真です)

牡蠣とベーコンの茶碗蒸し。茶碗蒸しとベーコンの相性の良さを教えられた1品です。ベーコンの塩味がよく合います。(1人前の写真です)

シメの御飯。家内は蟹雑炊を頼みました。(1人前の写真です)

僕は「若狭のサバのへしこ」が入っていると聞き、「へしこ茶漬け」をお願いしました。
(1人前の写真です)


果物です。(1人前の写真です)

この日は団体が入っていましたが、大将の手際のよさは見ていて気持ちがいいですね。段取りの良さ、包丁さばきの冴えが光ります。料理が遅いところはあまり美味しくないところが多いですからね。いつも「ゆっくり待たせてもらっていいよ」と言っていますが、タイミングよく料理が出されます。おそらく若い時に厳しい修行を受けてこられたのだと思います。
価格も良心的で、是非一度行ってみて下さい。
ちなみにいつも当ブログに載せている「おまかせ料理」は2人分でいくらだと思いますか??
当たっても何も出ませんが・・・
詳しいお店の情報は http://bisyu.com/sen/