うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

JBL アンプ

あっと驚く情報を遅ればせながら知りました。

最近オーディオ雑誌を見ていないので、世の中の動きに

ついていけてません。

JBL SA750が限定販売

f:id:menkui375:20211025172209p:plain

往年の銘機へのオマージュ、JBLのプリメインアンプ「SA750」を体験 - PHILE WEB

このデザインだけで、わかる人はわかりますよね。

かく言う小生はJBLアンプ信者です。

1960年代に発売された SA600、SA660、SG520, SE400Sを大事に使っています。

50年以上前のアンプで機嫌が悪くなることもありますが、熊本県天草市の「エイブル」さんにいつもメンテしてもらっています。

SA600

f:id:menkui375:20211025154216j:plain

SA660

f:id:menkui375:20211025154124j:plain

SG520

f:id:menkui375:20211025153839j:plain

SE400S

f:id:menkui375:20211025154138j:plain

これら4台をデザインしたのはあの名スピーカー「パラゴン」をデザインしたアーノルド・ウオルフ。一目見ただけで、惹かれてしまいます。

パラゴン

f:id:menkui375:20211025173429j:plain

一番最初に入手したのが、SA600でした。音を聴かずに買いましたよ。

そして我が家で当時使っていた JBL Lancer101 に繋いで、ニヤリと笑ってしまいました。当たり、それも大当たりでした。それ以降、JBLアンプを入手し、飽きずに使っています。

もちろんデザインだけで4台ものアンプを所有し続けているわけではありません。

当然のようにヴィンテージJBLスピーカーとの相性が良く、現代のアンプに興味がわかないんですね。

我が家のメインスピーカー JBL C34 Harkness

f:id:menkui375:20211025154244j:plain

サブシステムのスピーカー JBL Baron C38

f:id:menkui375:20211025154551j:plain

以前はもう2セットJBLスピーカーを持っていましたが、断捨離で処分しました。J

さて、今回のJBL75周年限定のSA750はどうでしょうか?

デザインはSA600を意識したものになってますが、中身は完全に現代のアンプです。

価格は385000円。状態のいいSA600の中古にほぼ近い価格ですね。

記念にほしいなと思う反面、使う機会もないし、現代アンプでは手持ちのスピーカーがうまくなるんかいな?という不安もありますね。