うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

クリナップ セントロ

定年後の生活を考えて、平屋の家を計画しているが、

いろいろとわかりにくいことが多い。

住宅の価格を大きく左右する住設機器の価格がわかりづらい。

ショールームに行くと、目移りするほど魅力的な機器が並んでいる。

まずはキッチン。

現在使用中のクリナップSSの後継機種のセントロ

クラフツマンデッキシンクのモデルなど手が出るわけはない

一番下のB-Style

f:id:menkui375:20191211203205j:plain

キャビネットまでオールステンレスです。しかし、フロアコンテナの表面が

デザイン優先でステンレスではなくなっていますね。

f:id:menkui375:20191211203412j:plain

天板は標準はサテン

f:id:menkui375:20191211203441j:plain

ヘアラインはプロっぽくてカッコいいが、縦キズが目立ちそうで怖い。

f:id:menkui375:20191211203539j:plain

クリナップは「流れ~るシンク」底板はエンボス加工されています。

f:id:menkui375:20191211203649j:plain

レンジフードはCMでおなじみの全自動の例のやつ。僕には不要です。

2つ下のグレードで十分です。

キッチンの価格は扉のグレードで決まります。

一番下のグレードの扉を選んで、コンロ下の収納をスライドラックのみにしたしたが、

実売でも98万を少し超えました。割引率は26.5%でした。

工務店によって、割引率は違うと思いますが、なかなか厳しい価格ですね。