うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

リクシル リシェル

キッチンの続きです。

もう一つ気になる商品はリクシルの「リシェル」です。

以前サンウェーブのキッチンを使っていたこともあり。

これまた馴染み深いメーカーです。

リシェルといえば「らくぱっと収納」です。

f:id:menkui375:20191212214139j:plain

f:id:menkui375:20191212214201j:plain

f:id:menkui375:20191212214214j:plain

ステンレスキャビネットも選択できますが、価格が10万以上アップするので断念。

ステンレスの底板だけにしました。

僕がリクシルキッチンで気に入ったのは「Wサポートシンク」。

f:id:menkui375:20191212214523j:plain

f:id:menkui375:20191212214539j:plain

f:id:menkui375:20191212214553j:plain

僕が選んだのは普通の狭いサイズ。255サイズのキッチンには広いタイプは不要です。

f:id:menkui375:20191212214659j:plain

もう一つ気に入ったのはホーロートップのガスコンロ「ひろまる」

f:id:menkui375:20191212214849j:plain

f:id:menkui375:20191212214902j:plain

f:id:menkui375:20191212214914j:plain

広めにバーナーの間を取ってあるので、3つのバーナーを有効に使えます。

それと恰好はガラストップがいいんですが、使いやすさ、掃除のしやすさは

ホーロートップだと思います。

カウンタートップはセラミックは選ばず、Wサポートシンクに合わせてステンレストップ「スムーズドットエンボス」を選んで、節約。

コンロ下の「らくぱっと」は不要なんで、スライドラックにコストダウンし、

96万程度の見積もり。27.2%割引でした。

リクシルもトップブランドになると、値引きは厳しいですね。

昨日紹介したクリナップ「セントロ」 と リクシル「リシェル」が現在の候補です。

質実剛健と美しさを兼ね備えたセントロか、使い易さのリシェルか、

悩ましい選択です。