うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

菊水鮓西店

明石市松の内の「菊水西」に行ってきました。

いつも通り僕はひたすら握りを、家内はアテを食べてから握りを頂きました。

握りは

明石鯛

f:id:menkui375:20200912182704j:plain

清々しい味わいのいい鯛ですね。

明石産天然車海老

f:id:menkui375:20200912182936j:plain

茹でてもらいました。暖かい状態で握ってもらえるので、

海老の香りと甘みが引き立ちます。

サヨリ

f:id:menkui375:20200912183617j:plain

キレイでいい型のサヨリですね。清涼感のある旨味が楽しめます。

ハリイカ新子

f:id:menkui375:20200912184408j:plain

僕の好物です、柔らかく、甘みがあります。

イクラ

f:id:menkui375:20200912185523j:plain

実にキレイなイクラ、柚子の皮を散らして、爽やかさをプラスしています。

こちらのイクラは本当に仕込みが丁寧で美味しいです。

青森産(大間ではありません)の赤身の昆布〆

f:id:menkui375:20200912190012j:plain

鰆の炙り

f:id:menkui375:20200912190400j:plain

脂の乗りがよく、しかも甘みがあります。これはいい鰆です。本当に明石の鰆は旨い!

ウニ

f:id:menkui375:20200912190626j:plain

手前が利尻産馬糞うに、奥が淡路由良の赤うに

馬糞ウニの濃厚さと由良ウニの爽やかな甘みが合体して、最強です。

蒸し穴子 塩山椒

f:id:menkui375:20200912191425j:plain

今回の穴子はひときわいい穴子でしたよ。しっとりした身で、脂の乗りもよく、

このレベルの穴子にはなかなか出会えませんよ。

 

蒸し穴子 甘ダレ

塩山椒の蒸し穴子の旨さに感動し、その後の「蒸し穴子 甘ダレ」の写真を撮るのを失念しました。明石の海苔との相性もいい一品でした。

甘ガレイ肝のせ

f:id:menkui375:20200912192643j:plain

今や超貴重な明石産甘ガレイ。クセがなく美味な肝を乗せて頂きます。

これぞ明石!堪能しました。

鮪中トロ

f:id:menkui375:20200912193722j:plain

明石蛸

f:id:menkui375:20200912193940j:plainこちらの蛸の茹で加減が好きです。食べやすく、蛸の香りが楽しめます。

明石産鯖

f:id:menkui375:20200912194410j:plain

隠し薬味に粒マスタードを使用されています。

鯖のにおいを中和し、脂の甘みを引き立たせています。

 

シメはやはり焼穴子を使った鮨ですね。

穴子新香巻

f:id:menkui375:20200912200741j:plain

穴子棒寿司

f:id:menkui375:20200912202635j:plain

こちらは「林喜商店」の焼穴子を使用されています。いつもいい焼穴子仕入れられており、安心して頂けます。

家内が食べたものは

蛸の卵

f:id:menkui375:20200912181018j:plain

明石鯛の腹身

f:id:menkui375:20200912181952j:plain

白バイ貝

f:id:menkui375:20200912183047j:plain

スモークした鰆の炙り

f:id:menkui375:20200912183943j:plain

イクラ

f:id:menkui375:20200912185514j:plain

うに2種

f:id:menkui375:20200912190852j:plain

鮪の腹身塩焼

f:id:menkui375:20200912191149j:plain

握りは 車海老、ハリイカ新子、蒸穴子穴子新香巻、穴子棒寿司を食べました。

 

最後のお楽しみ。女将さん手作りデザートはこの日4種ありました。

僕は「抹茶の葛プリン」、家内は「イチジクのコンポート」を選びました。

f:id:menkui375:20200912203732j:plain

f:id:menkui375:20200912203723j:plain

相変わらず、専門店顔負けの旨さ!

こちらではいつも美味しい鮨を食べながら、楽しい時間を過ごさせてもらい、いろいろと魚を中心とした料理のことも教えていただけます。

ご馳走さまでした。