うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

住宅機器 バスルーム・洗面化粧台

引越しして1年半が過ぎました。

住宅設備について感想を書きたいと思います。

まずはバスルーム

当初候補は2つありました。

TOTO  サザナHT 定価 1,734,500円  実売価格 651,990円(定価の37.6%)

②タカラ レラージュ   定価 947,000円  実売価格   832,930円  (定価の88%)

①のTOTOを選びましたが、何なんでしょうね。この定価設定は!

定価だけ見ると①の方が圧倒的に高級に思えますが、実際は②の方が高級感がありました。

①の方が、使いやすそう、掃除等の維持管理がしやすそうに思えたからです。

こんな感じです。

サザナの中ではグレードはかなり高い方で、浴槽、エプロン、カウンターはすべて

人工大理石仕様にしました。

しかし、浴槽は何とか人工大理石の感じはありますが、エプロンやカウンターはおそらく表面にわずかに人工大理石を塗った程度で、はっきり言ってFRPと全く区別がつきません。掃除は楽みたいですが。TOTOのこのシリーズは各パーツの名称に必ずと言っていいほで、「おそうじらくらく・・・・」というフレーズが付きます。

浴槽も以前のマンションでリフォームした時に採用したTOTOの浴槽の人工大理石に比べると圧倒的に「薄い」感じで、重厚感がありません。

以前のマンションのバスルームです。

写真ではわかりずらいですが、こちらは17年も使用した状態です。

果たして本当の意味で進歩しているのでしょうか?

利便性のみを追求して、質感といった感覚的なものを後まわしにしている気がします。

浴槽の人工大理石の質感はタカラの方が良かったですね。しかしタカラも17年前のTOTOの人工大理石浴槽には劣りました。

こうなると最後はタカラの「ホーロー浴槽」しかないのかなと思ったりします。

でも高価ですからね。130万位しそうですよね。

 

洗面化粧台は1択でTOTOのサクア

定価  378,100円 実売価格  175,110円 (定価の54%)

TOTOの定価設定には笑ってしまいます。

もちろんバスルームも洗面化粧台も施工費込みの価格です。

理由は右側の引き出し収納の数が4個あるのがこれしか見つけられなかった。

洗面台と同じ素材でセットにしたかったので、仕方なかった。

引き出しを優先して、グレードが低いものになったので、質感良くなく、パコパコした薄っぺらい印象です。

これは想定内なんで、いたしかたなし。

 

以前のマンションの洗面化粧台はもっと引き出しがあった。

これは27年前のTOTO製です。現在ではこんな引き出しが豊富な商品はないそうだ。

なお、実売価格については 依頼するハウスメーカー工務店のメーカーとの関係性によって違いがでてくるので、僕の書いた値引き率は全く保証されません。