うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

閉店した名店 宮武(琴平町)

2009年6月に惜しまれて閉店した琴平町の「宮武」

閉店して13年が経過しました。

現在の様子

お店の面影はまだ残っています。

少し西にある駐車場はまだ看板が残っていましたよ。

ありし日の様子

懐かしいですね。本当に大好きなお店でした。

現在高松市円座町に宮武一郎大将の指導を受けた弟子が「宮武」の屋号を掲げることを許され、営業しています。

高松の「宮武」が開店した当時はまだまだ??という感じでした。

宮武一郎大将も定期的に高松の店を訪問して、味をチェックされていました。

最近は宮武一郎大将のうどんの記憶も少しずつ薄れ、高松の「宮武」のうどんに対する違和感も薄れてきています。

しかしながら、琴平町の「宮武」のうどんはいつまでも「珠玉のうどん」として脳裏に刻まれています。

宮武一郎大将は元気にされているのでしょうか?