うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

松下

高松市中野町の「松下」に行ってきました。

 

「チャンポン」を食べました。

お客さんによって、この食べ方の呼び方はいろいろあるようです。

「一つ、一つ」とか言う人もいるようです。

要するに「うどん1玉、中華そば1玉」がいっしょに丼に入れられて出されます。

後は客の自由です。

普通は「うどん+中華」をテボに入れて湯掻いて、熱いかけ出汁(うどん出汁)を入れ、葱、天かすを入れます。一味をかけるか、胡椒をかけるか、両方をかけるかは客次第ですね。中華そばはひっつき安いので、湯通しするのがいいです。

この食べ方はなかなか旨いんですよ。

2種類の麺の食感が違うので、実に楽しいです。また中華麺の甘みがうどんと一体となり、新たな味が楽しめます。

やはり、うどおん、中華そばともにクオリティが高いので、混ぜても新たな美味しさが見つかるんでしょうね。


www.youtube.com


www.youtube.com