うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

甘ガレイ(甘手ガレイ)・鯛白子

高松市上ノ町「河西鮮魚店」でいい型の甘ガレイを見つけました。

よく太っています。しっかり締められています。

600gオーバーです。

この時期にこのサイズの甘ガレイを買ったのは何年ぶりのことでしょうか??

万全を期して、大将に5枚におろしてももらいました(;^_^A

さて、なぜかこの後、写真にベールがかかったようになってしまいました。

後でわかったんですが、レンズが汚れていたようです。せっかくの甘ガレイなのに、

悲しい。

造り

肝も大きくてキレイです。一瞬湯に通しただけで、ほぼ生で食べました。

身の方はしっかりした歯応えがあり、甘みと旨味があります。程よく上品な脂があって、たまりませんね。極上の甘ガレイですよ。

しゃぶしゃぶ

甘ガレイの身を薄く切って、豆腐、三つ葉、シメジとともにしゃぶしゃぶに

今回の写真の出来では美味しさが伝わらないのが残念です。

さっと出汁に通すだけで、身はレアくらいが美味しいです。弾力と実の旨味が堪能できます。皮も含めて、嫌なにおいは一切ありません。状態のいい甘ガレイでないとできない食べ方です。たいしゃぶ、ぶりしゃぶよりクセがないですよ、

鯛白子

表面に塩をして、やさしく汚れ、ヌメリを取り、サッと熱湯をかけてさらにやさいく掃除します。

その後60℃~70℃くらいで15分ほど温め、取り出してから出汁2時間ほど浸しました。自家製ポン酢で頂きます。

河西鮮魚店にあった鯛の白子は抜群でした。

クリーミーとはこのことですね。鯛の白子は最高です。