うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

琴電とJR四国

僕の記憶が確かであれば、高松市内で琴電とJRが交差する場所は2か所あります。

一つは琴電琴平線の瓦町~栗林公園の間。もう一つは 琴電長尾線の花園~林道の間。

前者は以前、写真を掲載したことがあります。

今回は後者周辺を取り上げたいと思います。

 

交差地点を花園駅側から見ました。

角度を広げます

琴電の雑草だらけの線路の向こうにJRの古びた高架が見えますね。

この地点から花園駅を見ると

御坊川にかかる橋が見えます。

JRの南からの写真です。

JRの橋梁とその奥に琴電の橋が見えます。地上の道路と同じ高さです。

「特急うずしお」が橋梁を快走しました。速くてシャッターが追いつきません。

数秒後に琴電

運がよければ琴電と特急うずしおのツーショットが見られるんですが( ;∀;)

上の4枚の写真を撮った場所で御坊川を見ると、びっくりするような数の鯉の集団を発見。写真ではよくわかりませんが。

御坊川は街中を流れるお世辞にも水質がいいとは言えない川ですが、不思議に多くの鯉が生息していますが、ここまでの集団は初めて見ました。

おまけに大きなものはブリかと見間違うほどの大きさでした。

御坊川恐るべし。

昭和感あふれる場所ですよ。