うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

ハヤシライス

ハヤシライスが好きです。ハイシライス、ハイライと言う人も関西にはいますね。

このハヤシライス、確か子供の頃、「ハヤシライスのルー」が販売されていて(今も

売ってますが)、イメージとしてはシチューをご飯にかけるといったものでした。

もっとも学校の給食のメニューに「カレーシチュー」というものがあって、当時としては。薄切りとはいえ、牛肉を食べられる貴重な機会でした。

当然のように、家でまれに出されるシチューは薄切り肉かカシワで、角切りのゴロンとした牛肉の塊を食べる機会は1975年以降であったと思います。

それゆえ、ハヤシライスは「煮込み料理」という印象がありました。

ところが、小学生の頃、父親に当時姫路の庶民に人気の「サラリーマンスタンド」に連れて行ってもらった時のことです。

「サラリーマンスタンド」は居酒屋であり、焼肉、鍋から和食、洋食に至るまであらゆるものを安価に提供していた店のようです。子供にはもちろんそんなことはわかりません。ネットを調べてもほとんで資料がありません。ただ名前だけはよく覚えています。

こんな記事を見つけました。

blog.livedoor.jp

そうなんです。2階に上がったのを覚えています。カウンターで、調理の様子が見えた記憶があります(不確かですが)。

その時「ハヤシライス」を頼んだんですが、目の前でコックさんらしき人が、

フライパンに玉葱、肉を入れて豪快に炒め始めました。

その後、ケチャップのようなものや、その他調味料などを入れて、

瞬時に完成し、グリーンピースを乗せて僕の目の前に出されました。

「ハヤシライス」が煮込みと思っていた小学生にとっては衝撃でした。

そして、さらに衝撃が...

「旨い!」熱々を夢中に食べました。僕にとってはルーで煮込んだタイプとは一線を画す新鮮な味でした。

この体験は現在まで私に影響を及ぼし続けています。

一人でハヤシライスを作る時(家内はハヤシライスが嫌いです)、

僕はフライパンを出すだけです。サラリーマンスタンドを同じ要領です。

もっともケチャップ、ドミグラスソース、バルサミコ酢、はちみつなど味付けは

自分なりに考えて入れています。牛肉は切り落としでいいんですが、きちんを肉屋さんで買ってきます。

子供時代の思い出と経験を大切にしたい儀式のようなもんですね。

 

ハヤシライスは一般的にはもちろん煮込み料理だと思います。

神戸新開地の「グリル金プラ」でもよく食べましたね。