うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

ウミタナゴ・カマス

雨の中、高松市上ノ町の「河西鮮魚店」に出かけました。

そして、ようやく今年初めての「ウミタナゴ」に出会えました。

8月位から脂が乗って、旨味が増してくる魚です。

はっきり言って、夏のウミタナゴは鯛に勝ります(個人の感想です)。

この時期のウミタナゴに対抗できるのは「黒メバル」(オキソメバル)でしょうか?

しかしながら、C/Pはウミタナゴが大きく勝ります。

ウミタナゴだけではさみしいので、キレイなカマスがあったので、またもや買いました。

f:id:menkui375:20210903121909j:plain

カマスは3枚におろして、軽く塩をしました。

f:id:menkui375:20210903122714j:plain

脂がよく乗っていることもありますが、柔らかい身でした。

塩をして、5時間ほど〆てから、串に刺して、ガスの直火で炙りました。

少し冷やしてから中骨を抜いて切りました。

f:id:menkui375:20210903180651j:plain

f:id:menkui375:20210903180709j:plain

ほとんでレアです。自家製ポン酢で食べました。

いい脂が乗って、トロリとした旨味がありました。

ウミタナゴはシンプルに塩焼です。

f:id:menkui375:20210903181813j:plain

繊細で上品な身です。じんわりと脂が乗って、実に美味ですね。

決して高価な魚ではありません。今日は1尾250円と、高めでした。

明石では全く人気がないというか、魚屋もその旨さを知っている人が少ないです。

その結果、店頭に並ぶことはまれで、たまに「藤永」で売っています。1尾あたり、

100円程度のことが多いですね。

さて、ウミタナゴは塩焼を食べた後も旨いんです。残った骨などを昆布出汁に入れて

潮汁を作ります。

f:id:menkui375:20210903183303j:plain

スダチを絞ると一段と旨いですよ。