うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

JBL C56 Lancer 101 C36 Viscountについて

僕がかつて使用した2つのJBLのシステム

C56 Lancer 101

f:id:menkui375:20090208103459j:plain

格子が美しい。セッティングが下手でしたね。TAOCのベースと御影石はランサーにはちょっと合いませんね(^_^;)

この当時はTEAC TN202を使っていましたね。懐かしい!アンプはJBL SA600。

f:id:menkui375:20081223165854j:plain

このLE14Aのランサロイのエッジがなかなか難しい。エッジの軟化剤を塗りながら、しっかりと

音楽を日々かけてあげるのが大切です。

サイズのわりに低音の量感はいいですよ。当時の人気が理解できます。

しかしながら、僕はもっと軽めの低音が好きで、C36Viscountに買い替えました。

f:id:menkui375:20110312090642j:plain

ドライバーの175はランサーと同じですが、ウーファーが130A(8Ω)に変わりました。

ネットワークもLX10からN1200へ。175の守備範囲が少し減りました。

アンプは同じくSA600です。

聴く人によれば、軽くて、重厚感がないと感じられる方もいらっしゃると思います。

僕は好きでしたが。ただ中高音のキレ、低音の質感は好きですが、量感が不足気味。

その結果 C34ハークネスがメインのスピーカーとして残っています。

セッティングはC36は4本脚があるので楽です。桜材のベースの上に置いて、いい感じです。ランサーも木製のベースに載せてあげたかったですね。

ランサーの方がアンプによって音が化ける可能性を感じます。ランサー1つに絞って聴き込む人に向きますね。

C36はポンと置いて、たまに聴いても気分よく聴けます。決してHi-Fiではないですが。

今この2セットを入手できたら、もっといろいろ試したいことがあります。