うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

追悼 弘田三枝子さん その2

 

昨日に続いて、弘田三枝子さんのレコードジャケットの紹介です。

コロンビア移籍後

f:id:menkui375:20200727194753j:plain

f:id:menkui375:20200727194723j:plain

リズム&ブルース主体のアルバム。ミコさんのサイン付きです!

f:id:menkui375:20200727194823j:plain

f:id:menkui375:20200727194836j:plain

「人形の家」の大ヒットの後のベスト盤

f:id:menkui375:20200727194910j:plain

f:id:menkui375:20200727194919j:plain

この歌のタイトルはこたえますね。

1976年のライブ盤。ジャズが中心です。

f:id:menkui375:20200727194937j:plain

f:id:menkui375:20200727194947j:plain

f:id:menkui375:20200727194958j:plain

僕が一番好きなミコさんの音楽はジャズでも、アメリカンポップスでも、R&Bでも、歌謡曲でもありません。下に紹介するような60年代後半のジャパニーズポップスです。筒美京平・橋本淳のコンビで作られた曲はミコさんが唄うことにより、現代でも通じる素晴らしい楽曲になっています。


弘田三枝子 - 渚のうわさ / 風とオトコのコ (1967)


渚の天使 (A LONELY SUMMER) - 弘田三枝子 (Mieko Hirota) - 1968年 (High-Resolution Audio)

 


弘田三枝子/涙のドライヴ  (1968年)


【枯葉のうわさ】弘田三枝子

 そしてお馴染みの「人形の家」


人形の家 弘田三枝子

69年紅白での熱唱です。エンディングのアドリブが泣かせます。

紅白の出場者が本物の歌手だった時代です。バックの演奏も上手いですね。