うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

THE AMAZING BUD POWELL VOL 1

先日に続いてパウエルを聴きました。

f:id:menkui375:20200523192213j:plain

f:id:menkui375:20200523192226j:plain

NEW YORKレーベルですから、3rdプレスといったところでしょうか。

僕は経済的な理由から、高額Original盤にこだわることはできませんが、BLUE NOTEなら、NEW YORKレーベルで、RVGの刻印があれば可としています。それどころかLIBERTYに変わった時のRVG刻印付きも買います。

さて、このアルバムは何といっても冒頭の「ウン・ポコ・ロコ」の3連発とB面の「ナイト・イン・チュニジア」の2連発でしょうね。パウエルの緊張感に満ちた演奏が聴けます。特に「ウン・ポコ・ロコ」の演奏はパウエルならでは、というか、パウエルしかできないような演奏です。かといって、僕はナヴァロやロリンズが入った曲がつまらないとは感じません。緊張感が緩んだクインテットの演奏の中にもパウエルの素晴らしさは感じ取れます。


Un Poco Loco


Bud Powell - A Night in Tunisia


Bud Powell - 52nd Street Theme