うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

PIANO INTERPRETATIONS BY BUD POWELL

パウエルのアルバムの中でも、お気に入りの一つです。

f:id:menkui375:20200517202515j:plain

f:id:menkui375:20200517202526j:plain

f:id:menkui375:20200517202605j:plain

Yello Norgran Original

分厚くて、重い盤です。

George Duvivier(b), Art Taylor(ds)とのピアノトリオ。1955年の録音。

どちらかと言えば、ほとんどがスタンダードナンバーで、リラックスした感じに思えるアルバムですが、時に緊張感を感じさせてくれる演奏ぶり。とりわけArt Taylorのドラムがいい仕事をしています。時にパウエルに寄り添い、時に鼓舞しています。やはりパウエルにはテイラーが合いますね。

Garrad 301+FR64S+GE RPXで聴きました。

f:id:menkui375:20200517203356j:plain

アンプはJBLのコンビ

f:id:menkui375:20200517203441j:plain

スピーカーはC34ハークネス

f:id:menkui375:20200517203427j:plain

いい時間が流れていきます。

 

 


Bud Powell Trio - Conception


Bud Powell Trio - Willow Weep for Me