うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

讃州めんめ

高松市宮脇町の「讃州めんめ」に行って来ました。

栗林トンネルの北の峰山へ向かう途上の「高松美山ホテル」の1階にあります。

f:id:menkui375:20191227121544j:plain

店内からは高松の市街地が望めます。

f:id:menkui375:20191227115559j:plain

f:id:menkui375:20191227115647j:plain

「肉うどん」をお願いしました。

f:id:menkui375:20191227120356j:plain

f:id:menkui375:20191227120422j:plain

今回は2回目の訪問でした。

前回、麺の旨さを確認していましたが、今回は出汁の旨さ、うどんとしてのトータルな

旨さに感激しました。本当に丁寧に作られていることがよくわかります。

前回にもまして、麺が旨く感じられました。もっちりした中にゆっくり跳ね返してくる腰、滑らかさと程よいざらつき感のバランス、そして小麦の甘みと讃岐うどん本来の特質を備えています。肉の味付けも良く、出汁の味を邪魔することなく、出汁に肉の旨味を加えています。

こちらはセルフとは少し違って、注文をしてから多少時間がかかることもありますし、

店内は以前はいかにも喫茶室として使われてきたような作りなんで、客席数も少ないですが、ゆったりと美味しいうどんを楽しめます。