うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

SAEC WE-4700

先日、馴染みのオーディオ店て、カタログを見つけました。

f:id:menkui375:20190424225813j:plain

価格を見て、もう一度、0の数を数え直しました(^_^;)

http://www.saec-com.co.jp/tonearm/

何と 119万円!

あのダブルナイフエッジを WE-407/23 をモデルにしたアームです。

40年以上前の 407/23 の価格の10倍以上です!

予約制とはいえ、びっくりしました。

トーンアームは超精密機械ですから、今、製造するとなると、任せられる

金属加工会社もたいへん少ないでしょうし、仮に10万円台で販売しても、

どれだけ売れるか未知数ですからね。製作・設計費用、金型の費用を考えると、

単価が高くなるのは仕方ないところでしょうか。

それにしても驚きでした。

僕はかつて WE-308Lというダブルナイフエッジではない、

ロングアームを使用していた時期がありました。

SAECのアームは精度が高く、しっかりした作りで、安心して使用できたことを

覚えています。

今、アナログ人気があるとはいえ、リスクを承知で、このような商品の販売に

踏み切った企業としての矜持に敬意を表したいと思います。