うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

TD124MkⅡ シングルアームに戻る

 2014年2月以来、2台所有しているトーレンスTD124MkⅡのうちの1台は

Wアーム仕様にしていました。https://menkui375.hatenablog.com/entry/20140209/p1

 

f:id:menkui375:20140208121223j:plain

写真奥のFR64は特注で作成してもらったアームベースに装着しています。

アームベースは木製で、ラックの上にフェルトを介してポンと置いてあるだけです。

当時はできるだけ多くのカートリッジを交換の手間なく使いたいという気持ちが強かったんですが、Wアーム化によって124MkⅡのデザインを損なうことは避けたいという気持ちもありました。その結果が上の写真のようなWアームとなりました。

ここ3~4年は手前のSMG212にSPUを装着、FR64にGE-RPXを装着していました。

そして、もっぱらGE-RPXでmono盤を聴いていました。

そしてステレオ盤は Elac Miracord 10H + Shure M3D で聴いていました。

ちなみにGarrard 301もWアーム仕様です。

f:id:menkui375:20140412155729j:plain

f:id:menkui375:20140412155749j:plain


こちらはWアーム前提のしっかりしたキャビネットを特注しました。

いろいろとレコードを聴いていると、124MkⅡ+FR64+GE- RPXで聴くモノ盤の

音質が??と思うことがありました。システムをいじる面倒さもあって、うすうす原因はわかっていた気がするんですが、気持ちをごまかしながら横着を決め込んでいました。しかし、決断の時がきました。

同じモノ盤を124MkⅡ+FR64+GE- RPX と Elac Miracord 10H + Shure M3D

で連続試聴した結果、Elac Miracord 10H + Shure M3Dの方が、ノイズ感の少なさ、

明晰さが明らかに勝っていました。

FR64が悪いわけではありません。アームベースが軽量な上、しっかりと固定されていないことに起因する振動が音を濁していた気がします。

Wアームをあっさり諦め、SMG212に GE-RPXを装着し、モノ盤を楽しんでいます。

f:id:menkui375:20190121181228j:plain

f:id:menkui375:20190121181312j:plain

FR64は次の出番を待っています。

f:id:menkui375:20190121181409j:plain

 ちなみに 現在のシステムは

① Garrard 301+SME3009Ⅱ+FR64S

  JBL SG520+SE400S

       JBL  C34(001)

②   Elac Miracord 10H    Thorens TD124MkⅡ+SMG212

      Dynaco PAS3 + Stereo 70

      JBL D1002(001)

③   Elac Miracord 10H 

      JBL SA600

      JBL C38(030)

④   Thorens TD124MkⅡ+SME3009Ⅱ

      JBL SA660

      JBL  Trimline            

以上です。今回の内容は主に②のシステムでの比較でした。