うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

ガラード 301 注油・クリーニング

冬になると、ガラード301が正規回転に達するまで、LPレコード片面分くらい

かかることがよくあります。

しばらくメンテしていないことも気になり、僕ができることだけをやってみました。

ターンテーブルをシャフトから外すのにはコツがいります。

シャフトの頭を板材などで軽くコツコツと叩くと、外れやすくなります。

ターンテーブルを外しました。

f:id:menkui375:20190106201425j:plain

 

左上のアイドラーの抑えをネジを緩めて外します。

アイドラー、抑えは無水アルコールできれいにクリーニングします。

次にアイドラー手前のプーリーもきれいにクリーニングします。

f:id:menkui375:20190106202113j:plain

f:id:menkui375:20190106201748j:plain

f:id:menkui375:20190106201731j:plain

アイドラーのシャフト回りに爪楊枝などで、グリースをつけます。

f:id:menkui375:20190106202627j:plain

ターンテーブルシャフトの根本のフェルト部分にたっぷりオイルを浸みこませます。

最後にターンテーブルのアイドラーと接する部分を無水アルコールでクリーニングして、僕のできることは終了です。

f:id:menkui375:20190106204739j:plain

Dexter Gordon をかけて、慣らしました。半年に1度くらいは注油・クリーニングしたいと思っているんですが、よく忘れてしまいます。