うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

ゴールデンカップススーパーライブセッション

GSの中でも異彩を放つカップス。
彼らの69年のライブですが、LPが結構高価になってしまい、
CDを買ってみることにしました。




録音が今一つでしたので、CDで正解でした。
長いアドリブが続くナンバーがあったり、
彼らの本当の姿をとらえています。
カップスと言えばルイズ・ルイス加部の奔放なベースと
エディ潘のブルースフィーリング溢れるギターに注目が
集まりがちですが、このアルバムを聴いて
感心したのはケネス伊東の渋いリズムギターです。
ジャズフィーリングを感じさせるプレイでした。