うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

ザ・ゴールデンカップス アルバム

ゴールデンカップスのファーストアルバム。
高松市藤塚町の「マッシュルームレコーズ」で買いました。




当時のGSの他のグループと比較すると、
まさに異色!R&Bに根ざしたサウンドです。
外部作曲家の A-1,B-1,B-7でさえも
彼らの意地というか、R&B的な解釈を感じます。
とりわけルイズ・ルイス加部のベースが素晴らしいですね。
A-3,A-6,B-5のベースには特に痺れます。
ジャック・ブルーステクニックととアンディ・フレイザーのフィーリングを
合わせたような素晴らしい演奏です。
ギターも粗削りながら、時代の先を見ていますね。
日本人離れしたデイブ平尾のボーカルも素晴らしい!
彼らのセカンドアルバムも持っていますが、
彼らのオリジナリティーはこのファーストアルバムの方が
強く感じられます。
この時代にこんな素晴らしい演奏を聞かせてくれるバンドが
この日本に存在していたことを誇りに思います。

1. いとしのジザベル
2. 青い影
3. モジョ・ワーキング
4. アンチェインド・メロディー
5. 恋のあやつり人形
6. ヘイ・ジョー


1. 銀色のグラス
2. マイ・ガール
3. アイ・フィール・グッド
4. サーチン・フォー・マイ・ラヴ
5. LSD ブルース
6. ドゥ・ユー・ノー・アイ・ラヴ・ユー
7. 陽はまた昇る