うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

「味どころ 撰」 その58

高松市木太町「味どころ 撰」の行ってきました。
いつも通りのおまかせです。
付き出し(1人前の写真です)

お造り2人前の写真です)

マナガツオ、蛸、アコウ、カツオです。
アコウの味わいが特に良かったですね。
甘みと脂の乗りのバランスがいいです。
鱧しゃぶ(1人前の写真です)


この時期のこちらのお店の定番です。
香川産の美味しい鱧を大将の見事な包丁さばきで仕上げます。
自家製ポン酢もいいです。
時しらずの塩焼(1人前の写真です)

これまたこの時期の美味。
素晴らしい脂の乗りです。身の旨味も文句なし。
この日の白眉ですね。
マナガツオの唐揚げ(1人前の写真です)

出汁に浸されています。
「讃岐のめざめ」塩炒め(2人前の写真です)

香川県のブランドアスパラガス「讃岐のめざめ」を
特製米油で炒め、塩と出汁で味付けています。
シンプルな調理法ながら、ジューシーな讃岐のめざめの旨さを
上手に引き出しています。
鱧の湯引き(1人前の写真です)

ふんわりと実に美味。また梅肉の旨さも特筆に値します。
アコウの味噌汁(1人前の写真です)

大ぶりのアコウのアラが入っています。アコウの脂と旨味が
溶け出して、実に旨い!
スダチの素麺(1人前の写真です)

清涼感溢れる1杯です。スダチの香りと酸味が
満腹なのに食欲をそそります。
果物(1人前の写真です)

この日は大将がケガをして、不自由な状況で、
これだけの料理をして下さいました。
ケガのハンディを感じさせない料理でした。
大将の職人魂に感服いたします。
治癒されるまでh無理をされませんように!
ありがとうございました。