うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

「味どころ 撰」 その54

連休中に「味どころ 撰」に行ってきました。

付き出し (1人前の写真です)

鱧の吸物 (1人前の写真です)

上品かつ奥行のある出汁が素晴らしいです。職人技を感じます。
アコウの造り (2人前の写真です)


いいアコウですね。事前に〆て頂いていたようで、味の乗りもいいです。
メバル煮付 (1人前の写真です)

大将のメバルを選ぶ眼力にはいつも感服します。
タナゴ塩焼 (1人前の写真です)

僕の大好物です。シーズン最終を迎えました。うれしくなって、不覚にも写真を撮るのを失念しました。これは以前いただいた時の写真です。片身を食べ終えた時気づきました。
実によく太ったいい型でした。脂の乗りも良かったです。
鱧のフライ (1人前の写真です)

こんな旨い鱧の食べ方は知りませんでした。天ぷらよりいいです。
鱧の旨味が閉じ込められています。最近のブログにもアップしましたが、
感動して、家でも2度作ってみました。
もちろん撰の味にはかないませんが。自家製タルタルも旨い!
イカのボイル (2人前の写真というよりサービス品です)

沸騰させたお湯の火を止めてから、生のイカを5分ほど入れられたそうです。
甘みと柔らかさが引き立ちます。これも家で真似ました。
秋刀魚の南蛮漬け (2人前の写真というよりサービスhンです)

アコウのアラの味噌汁 (1人前の写真です)

旨いに決まってます。いい身をしてます。
梅茶漬け (1人前の写真です)

出来上がったばかりの自家製梅干しの旨さを楽しめます。
果物 (1人前の写真です)

今回も大満足で、お腹もパンパンになりました。
そしていつも勉強になりますね。
高松周辺の方はもちろん、高松を訪れる方は、是非「おまかせ」を予約の上、
訪問されることをお薦めします。
http://r.gnavi.co.jp/m2y2jx2m0000/