うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

松本

観音寺は昭和の風情が残る街です。
うどん店もその例外ではありません。「柳川」、「大喜多」、「かじま」など、
いい雰囲気のお店があります。
今回、初めてお邪魔したJR観音寺駅の西にある「松本」もまさにそんなお店。
昭和の「うどん食堂」の面持ちです。



いい感じでしょう!
こちらの名物の「天ぷらうどん」、そして「肉うどん」を頂きました。



小海老のかき揚げが乗った「天ぷらうどん」です。衣が出汁に溶け出して、甘露、甘露。
「肉うどん」はあらかじめ味付けした肉をのせるのではなく、肉を出汁の中で煮たもの。肉の
旨味が嫌味なく、出汁に溶け出しています。そして出汁の風味を損なうこともありません。
日常的にうどんを食べるなら、このようなお店がいいですね。
ご馳走さまでした。