うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

讃州最中

丸亀市郡家町の「きさらぎ 郡家店」。いつもお客さんでにぎわっています。
もともとは和菓子のお店ですが、洋菓子も手がけておられます。
個人的に和菓子屋さんの作る洋菓子は大好きです。
日本的と言われそうですが、中高年の味覚にはストライクです。
どことなく郷愁を感じることもあります。
ちなみにこちらの「ふわふわロール」は未食ですが、「味どころ 撰」の大将の
お気に入りです。
さて、こちらの近くを通ると「讃州最中」が食べたくなります。


最中の中に餡と餅が入っています。餡は甘さがくどくなく、上品な味わいです。

そこそこ日持ちもしますす、香川に立ち寄られて際のお土産として最適ではないでしょうか?
僕は餅が入ったお菓子に弱いんですね。
しかし冷静に考えてみると、我々は無意識のうちに「モチモチした」とか、「モッチリした」という言葉を
使っていますね。特定の食べ物の名前が形容詞化しているんですよ!
それだけ日本人と餅の関わりが深いということでしょうね。