うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

油断大敵

12月29日のこと。朝、香川町の「にしばた製麺」で朝うどんを食べ、観音寺方面に行こうかなと思案しました。32号線ばかりもつまらないので、塩江街道を南下し、377号線に入りました。そのまま行けばよかったのですが、中讃広域農道をから、首切峠を通って、琴南〜財田〜観音寺と行くことにしました。中讃広域農道に入ってから、何と雪がちらほら。大したことはないとタカをくくって、進むうちにどんどん雪が激しくなり、前方の視界が怪しくなりました。引き返すこともできず、ここは香川県だから、大したことはないだろうと進むうちにみるみる路面に雪が積り、3センチくらいになりました。これはバイクが走行できる状態ではありません。低速で走行していましたが、坂でズルッと滑り、転倒。低速なんで、人間には全く怪我はありません。場所は綾川町の開という所です。何とか屋根のあるところまでバイクを恐々押して止めました。全くの山の中です。仕方なくロードサービスを呼んで、待つこと80分。チェーンを装着したレッカーが到着しました。現場からゆっくりした速度で5分もいけば、チェーンは不要になりました。10分も経たないうちに積雪の気配すらありませんでした。恐るべし山間部!高松市街から30分ほどの場所でこんな目に遭うとは!バイクもバイク店で点検してもらいましたが、多少のキズ以外は問題なしでした。
レッカーを待っていた時の写真です。

とても香川県とは思えないですよね。