うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

優作

なかなかユニークな屋号のうどん店です。
高松市、円座小学校のそばにあります。以前から何度も前を通っていたんですが、未訪問でした。
藤塚町のマッシュルームレコードさんで噂を聞いて、訪問を決意しました。


「宮西製麺所」という看板も上がっており、もともとは純粋な製麺所だったようです。その名残りか、
道路に面したカウンターがあって、そこからうどんの玉買いをしているお客さんもおられました。
「かけ」を注文し、「アゲ」を乗せました。


タイミングが良くなかったのか、麺は出来立ちではなかったようです。やや細めで、剛麺ではありません。柔らかめの腰で、弾力もほどほどです。出汁はあっさりしています。
出来立ちを頂いたら、僕の好みかな?と想像しました。タイミングnいい時に再訪するか、釜かけを注文してみるかですね。店内にはうどん店には珍しく、コミックが置いてあったり、のんびりした雰囲気。お店の方も明るく、馴染みになったらホントに寛げそうなお店です。