うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

CANNONBALL ADDERLEY Quintet in Chicago

週末に元町の「ガポンレコード」で購入した1枚。オリジナルとは言えませんが、準オリジナルといったところでしょうか。



マイルスのグループのマイルス以外の5人による演奏です。コルトレーンとのバトルが聴き所ですが、全体としてはゆったりしたムードが漂いますね。やはり親方がいないせいでしょうか?チェンバースもこの手のアルバムをリリースしていますが、やはり自分のやりたいスタイルがあるんでしょうね。
さて、元町の「ガポンレコード」は輸入盤のみで、国内盤は扱っていません。ロックはどちらかといえば王道から離れた渋めのものを扱っています。ジャズはブルーノートをはじめ、高額オリジナル盤から、70年代、80年代の廉価なものまで扱っています。神戸という市場の小さな地方都市で、このような形態のお店を経営されていることに敬意を表したいと思います。