うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

八十八庵

季節もいいし、ちょっといつもとは違うところに出かけました。八十八番札所大窪寺の門前にある「八十八庵」に行ってみました。以前から気にはなっていたんですが、東讃にはなかなか行く機会がありませんでした。行ってみたら、結構近い。高松から40分余りです。こりゃ観音寺よりずっと近いですね。



やはり名物「打ち込みうどん」ですね。その前におでんが気になります。


この自家製こんにゃくが旨い!旨い!これまでのこんにゃくの概念を覆すといっては大げさですが、歯応え、味わいともに素晴らしい。そしてこんにゃくなのに、出汁がよく浸みています。
そうしているうちにきました「打ち込みうどん」。


野菜や肉が入って、山椒の風味も軽く効かせてあります。出汁が旨い。麺は固腰で、表面にざらつきがあります。高松市の「松下」と似た感じです。熱い出汁と鍋の中に長い時間入れていても、だれないように作られているんでしょう。旨い!
お遍路さん向けのお店なんですが、丁寧な仕事ぶりに感心します。さすがお接待の本場ですね。ここまで来たら、もちろん大窪寺にも参拝しました。

奥の院に行こうとしたのが失敗。普段の運動不足が災いして、5分の3あたりの地点でダウン。戻りました。山道の入口には「健脚向き」と書いてあったのに気付いたのは降りてからでした。途中の景色がきれいだったので、撮ってみました。



http://www.yasobaan.jp/