うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

RELAXIN' WITH THE MILES DAVIS QUINTET

オーディオシステムの調整は楽しくもあり、辛くもある。ましてや3Wayマルチアンプシステムともなると調整できる要素があまりに多岐にわたり、僕の精神力と耳には手に余る。同じようなレコードばかり聴いていると、欠点ばかりが気になって、気分が滅入ってくる。
"Art Pepper Meets The Rythm Section", "April In Paris / Count Basie", "Sinatra At The Sands", "Swing and Easy / F.Sinatra"など、耳タコ状態になった。
そこで気分転換にMiles Davisの4部作のうちのこの1枚を久しぶりに聴いた。

久しぶりに聴くと随分と音が良くなっているのがわかり、ホッとしました。ベースの音程が明確になっただけでなく、量感もアップしました。ピアノの音色、響きもいい感じです。それと録音時のスタジオの雰囲気がよりリアルに感じられました。マイルスの口笛がヒューっと飛んで来ます。同じソフトばかり聴いていてはダメだと実感しました。
さてこの4部作はどれもいい出来ばえですが、この"RELAXIN'"はジャケットのデザインが好きです。抽象絵画みたいですよね。演奏内容については僕が触れるまでもないと思います。