うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

まさ吉

高松市上天神交差点から空港通りを少し南に下った東側、お酒の「ヒサモト」のとなりにひっそりたたずむ鮮魚店「まさ吉」。昨今の魚離れ、近隣への「新鮮市場きむら」の進出という厳しい条件の下、黙々と美味しい魚を提供してくれるお店です。何よりもこちらのご主人が魚を食べることが大好きで、お客さんに旨い魚を食べてほしいという誠実な気持ちで営業されていいる姿勢が感じられます。それゆえ、こちらのお店で買った魚にはめったにハズレはありません。このようなお店は実はかなり稀少です。
この日は「〆サバ」、「サワラの炙り」、「サワラの味噌封じ(味噌漬け)」を買いました。

〆サバは甘みのある脂がよく乗っています。

サワラの炙りはサワラの旨みを引き出しています。



味噌封じは味付けもよく、程よく脂が乗っています。
大型店に押されて個人の魚屋さんは経営が大変だと思いますが、こういうお店に通うことによって、美味しい魚の見分け方、調理の仕方を学ぶことができます。大型店の、販売する側とあまりコミュニケーションを持たない買物スタイルに慣れた人も、是非一度利用してほしいと思います。利用すればきっとその良さがわかるはずです。